口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)

  • 45人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (4)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 小学館 (2014年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088892

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

和田はつ子の作品一覧

和田はつ子の作品ランキング・新刊情報

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)の作品紹介

人気書き下ろし時代小説、第13弾!

お待たせしました!人気書き下ろしシリーズ、満を持しての再開です。
江戸で評判の口中医・藤屋桂助の〈いしゃ・は・くち〉には、志保が来なくなって
鋼次と二人で施療を行っていた。
ある日、やってきたのが人気浮世絵師の香川喜代麿だった。喜代麿は、“呉服橋のお美”に恋をしているという。そのお美が、茶問屋芳田屋の娘・美鈴であることがわかる。そのお美が写経に通っていることになっていた深川の泉福寺で
、逗留していた病人が亡くなっていた。それが他殺だと見破った桂助は、そこにある真実に迫る。
やがて、桂助の元に通ってくるようになった美鈴の回りで起こる事件を解き明かしていくうちに、桂助は美鈴の思いに気がつくようになるのだが……。
新たな主要人物となる美鈴が加わり、桂助と鋼次が絡んで、物語は佳境に入っていく、シリーズ第13弾。

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)はこんな本です

口中医桂助事件帖 春告げ花 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする