下町ロケット (小学館文庫)

  • 8336人登録
  • 4.44評価
    • (1773)
    • (1177)
    • (293)
    • (23)
    • (1)
  • 1027レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 小学館 (2013年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088960

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

下町ロケット (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中小企業が大企業の横柄な要求に対して真っ正面から挑む姿がカッコいい。
    あくまで日本産業にロケットを飛ばしてもらいたい、という日本人の誇りや、研究開発で大企業より一歩先により品質の高いモノを作り続けることの大事さを説く姿は、ガラパゴス化している日本経済の突破口になりそう。

    もちろんリスクもあり、家庭もある人たちは安全な稼ぎ方にしたい。と経営方針に不満を持つ。
    日本ロケットの技術研究者としての実績を持つ社長と自分は違う!と。
    若手の価値観だったり、反抗期の娘とぶつかったり、心労が耐えないけど、その情熱が心を熱くしてくれる。

    これを読んだモノ作りの人たちはものすごく鼓舞されたんじゃないかな。

    モノや情報がが溢れる時代で本当に
    必要なことは、大量生産の為のマニュアルや
    コスト削減の効率化ノウハウではなく、
    自分達が作ったもので社会に貢献するぞ、というやる気と、産み出すための知恵と情熱を伝える誠実な態度なのだと思った。

    社長は良くも悪くも、研究員から社長になって現実社会(売上とか権力とか競争とか)と密接に関わることになった。
    今まで夢の実現に集中できる環境で、作るのが楽しくてやり続けていた研究の意義が変わったように思える。
    自分の手でモノを作り出すことで人に、社会貢献という形で影響を与え、それが働く=充実する生き方になる、という信念にたどり着くことになったのかな。

  • 「技術」にはエンジニアの情熱が刻まれており、特許はその想いを守るもの。しかし、それは理想であって、厳しい現実社会では、お金や権力で理想はゆがめられ、身勝手な「ご都合」が泥臭く渦巻く。バルブテストに不合格だった理由を見つけていくところなど、なかなか楽しめた。最後の打ち上げシーンの余韻がさわやか。気持ちよく読める一冊。

  • 熱い!序盤少し物足りない感じもあったのですがそこから終盤までは圧巻でした。男のロマンのような物が感じられます。

  • エンジンを専門に販売する中小企業の社長、佃は、かつてロケットのエンジン開発の研究をしていた。
    その経験を活かし、バルブの特許を取得したが、その技術を巡って大企業からの挑戦状。
    そのほか、大口顧客からの契約取消、特許侵害の訴訟を受けるなど、様々な大きな問題に社員全員で立ち向かっていく。

    対峙する大企業の中には、いけ好かない人もいるが、プライドを持って仕事に取り組む人もいる。
    社内には社長の方針に反発する社員もいる。
    誰が悪い、良いということはなく、それぞれの立場で意見を主張しているだけなのだが、その人間模様に読み応えがある。

    一気に読んで、最後には感動の結果!
    面白かった!!

  •  研究者の道をあきらめた主人公が家業の町工場を継ぎ、次から次へと起こる難題を乗り越えながら、夢を追い続ける。

     この本と出会って本当に良かったというのが最初の読後感でした。

     数々の難題を解決していく爽快感と仕事にかける情熱を丸ごと一冊味わい尽くした感じがしました。

     終わりに近づくにつれ、何回か涙腺が緩み、一人で読んで良かったです。

     明日からの仕事をちょっと頑張ってみようと思うでした。 

  • 半沢直樹の原作者で有名な池井戸潤さんの著作。
    主人公は元ロケット開発者でありエンジニア。数年前のロケット開発のプロジェクトに失敗し、その責任を負い職を辞して、父が経営していた小さな町工場を継いだところから物語は始まる。

    少し前に、本書のドラマをやっていた気がする。

    THE大衆小説という感じである。すいすい読める。

    そんな大企業を悪く書かなくてもっ、と思ってしまう。
    大企業として帝国重工(○菱重工がモデルだと思われてる)が正にヤクザみたいに書かれている。
    この大企業に立ち向かう主人公率いる下町の町工場という構図で、わかりやすいけれども。

  • 初めて池井戸潤作品読んだ。
    久々に夢中になって読んだ本。
    所々殴ってやりたいぐらいやな奴が出てくるけど、そういうのは自業自得展開になる。
    溜飲が下がる。すっきりする。
    嫌な奴の厭らしさとか、主視点側からの感情の描写が上手いからこそだと思う。
    最高に面白い。

  • 夢に向かって躍進する中小企業が題材。従業員が一丸となって、大企業からの圧力をはねのける。
    元銀行員らしい視点に、そして熱い人間ドラマがよく融合されている。更に、技術的な観点からも、綿密に調査されたことがうかがえた。
    予定調和な感はあるものの、読後感はスッキリ。周りにお薦めしたい作品。

  • ドラマを思い出しつつ、一気読み!
    日本の中小企業に想いを馳せた。

  • 最後の最後に泣かされました。途中で少し重いかなと感じる箇所もありましたが、苦境を乗り越え夢を叶えようと奮闘する主人公がとても素敵で後半は一気に読み終わりました。

全1027件中 1 - 10件を表示

下町ロケット (小学館文庫)に関連するまとめ

下町ロケット (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

下町ロケット (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下町ロケット (小学館文庫)の作品紹介

直木賞受賞作、待望の文庫化!

あの直木賞受賞作が、待望の文庫化!

「お前には夢があるのか? オレにはある」

研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。
圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。
特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。
男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!
第145回直木賞受賞作。

池井戸潤、絶対の代表作
(解説・村上貴史)

下町ロケット (小学館文庫)のKindle版

下町ロケット (小学館文庫)のハードカバー

ツイートする