犬を飼う (小学館文庫)

  • 153人登録
  • 4.04評価
    • (28)
    • (17)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 谷口ジロー
  • 小学館 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094150018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
吾妻 ひでお
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

犬を飼う (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【本の内容】
    「たかが犬一匹、しかし、なくしたものがこれほど大きなものだとは思わなかった。そしてタムの死が私たちに残してくれたもの……それはさらに大きく大切なものだった」

    谷口ジローが自らの体験にもとづいて描いた、愛犬の最期を看取る悲しくも感動的な日々。

    生命の重さがいやおうもなく胸を打つ。

    第三十七回小学館漫画賞審査委員特別賞受賞の名編。

    ほかに『そして…猫を飼う』『庭のながめ』『三人の日々』『約束の地』の傑作4編を収録。

    文芸コミックの決定版。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 久しぶりに文庫版にて再読。収録作品が異なるようです。タムタムと夫婦の生活を淡々と描いた表題作は犬好きな方なら涙腺崩壊するのではないでしょうか。特殊なエピソードなどなく日常を描いて感動を味わさせてくれる良作です。

  • 最近どうしても読みたくなったので購入し、読了しました。

    淡々とした語りでありながら、胸に迫ってきます。涙は出なかったんですけれど、犬の死に立ち会ったらこうなるんだろうなぁ、ということを思わずにはいられません。

    うちも犬を飼っています。今だいたい8歳くらい、中年を通り越してそろそろ老犬に差し掛かる頃になってきました。漫画に出てくるタムタムは14歳と10ヶ月で往生します。14年と10ヶ月は立派な長寿ですね。ただ、「うちの犬も14年以上生きられるか分からんが、ともかく私がこの先生きる5、6年以内には、こういう思いを経験するんだなぁ」とも思えてくると、繰り返し読みたくなりました。何度も何度も読みました。何度読んでも涙は出てこないんですけれど、心が震える感じはありますよね。

    この文庫版では、「犬を飼う」の後日談として「そして…猫を飼う」「庭のながめ」「三人の日々」、一人の男のヒマラヤ登頂を描いた「約束の地」が収録されています。どれも味わい深い短編でいいですね。犬の話が「死」がメインテーマとすれば、それ以後の話は「誕生・成育」の話になっています。

  • 地味だが、地味な作品こそ読んだ後の気持ちは最高だ。

  • つまり犬は家族の記憶である タムタム14歳8ヶ月 河原の香り 若い喜びの日々 散歩 排泄物 生後2ヶ月テリアと柴の雑種 横になって腹を見せたら負けなのだ 日向ぼっこ 床ずれ 妻は複雑な気持ちでそのおばあさんの話を聞いていたという 痙攣 富田獣医 生命力 点滴 純粋のペルシャ ブス 狸 猟虎 ボロ 妊娠 羊水 生卵 好奇心旺盛 キキ 里親 ゴマ クロ マル老衰 アキ12歳 群馬県高崎市 再婚話 いなげや カレー 西武球場 清原やデストラーデ 野茂 新井 ミズノのグローブ キャッチボール 遊び相手 甘えればいい 篠崎さん 吉村 岡本 ヒマラヤ チャンゴ=雪豹=アンナプルナに棲む女神の化身 ドルジェ 酸素ボンベ ビバーク なんという美しい獣なんだ 電気工事士 ジョギング 水泳 檻の中の雪豹 穂高連峰 シェルパ ポカラ アイゼン 穏やか 豊穣の女神 約束の大地 40過ぎて 生と死の間

  • 本棚の整頓をしていてまた読んでしまって号泣。何度読んでも泣きます。犬を初めて飼う人に読んでもらいたいなぁと思う。タムという犬が亡くなる1年がメインの話。後は動物関連の短編。わたしは昨年実家の愛犬が10歳で亡くなりました。散歩から帰って倒れてそのまま逝ってしまったけど、本当ならタムのように介護していくのを覚悟してました。ゆっくり老いていくのを一緒に過ごしたかったな…。動物とのお別れは本当につらい。でも一緒に過ごした日々は宝物です。

  • 昔飼ってた犬を思い出し、号泣しました。続編?の猫を飼うはイマイチでした。

  • 動物は私たち人間に身を委ねなければ生きていけない。だから、私たちの身勝手さを許してくれる。

  • 話がほぼ語りで進行していくのがちょっと気になったけど
    切ない話だね
    絵のタッチがまた切ない

  • これから飼う人も、飼ってる人も、飼ってた人も。皆さんにお勧め。
    話の半分くらい猫の話だけど笑
    年を取り、死んで行くのを見届ける。それを眈々と。

  • こんなに悲しいのなら、犬などいらぬ!と思うようになる話でしたね。自分のうちでも犬飼ってたけど、そいつは車に轢かれて即死だったのでタムの様に苦しみはしなかったでしょう。タムは行儀いいね、うちの犬は小屋の周りにウンコ垂らしまくってました。犬は汚い。まあ、猫の方が楽だよね。実家でも一匹死んだあと、また犬飼って、あとにまた猫飼ってる。

  • 倉吉市などを舞台とした作品です。

  • 飼っている犬が年老いて逝くまでの1年間を描いた表題作と続編の3編に登山家の話1篇 全て読み切。
    地味な話だけどよかった

  • 09/07/28
    『孤独のグルメ』のサラッとしながらも
    生きる楽しみを描いた感じのタッチが
    なんともいえず良い漫画家。
    表題作は佳作。命のはかなさと美しさを
    感じさせてくれる。

  • 子犬を飼い始めて手に取った。

    人も動物も、命あるものは必ず死を迎えるのだが、日頃は敢えて考えないように過ごしている。

    先代の犬を15才直前で亡くした頃の思いが重なった。老いた後の印象が強いのだが、今の子犬を飼い始めると先代の犬のかわいかった頃が甦ってくる。

    この小さな生を慈しみたいと、しみじみ思った。

  • 「生命の重さがいやおうもなく胸を打つ」文芸作品

  • 犬を飼うことは犬と共に生きる事なのだと真摯に考えさせられる。

  • 老いて、でも生きていく。人間だって犬だって、一緒のこと。一緒に生きている日々。看取る瞬間。振り返る思い出。電車内で号泣しました!

  • 犬を飼っている人、それにもまして犬を飼おうと思っている人に読んでもらいたい本。生き物を飼う苦労と喜びが詰まってます。

全21件中 1 - 21件を表示

犬を飼う (小学館文庫)に関連する談話室の質問

犬を飼う (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

犬を飼う (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犬を飼う (小学館文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする