ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)

  • 19人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 前屋毅
  • 小学館 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094161953

ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 少なからず仕事に関係はあるだろうと思って読んだ一冊。
    カルロスゴーンは有名なので、当時高校生の私でも名前は聞いたことあったが、この本を読んで、実態、内部が手に取るようにわかった。
    日本の古い体質に、風を吹き込むように、新しい解釈、方法を入れる。
    これで、成功したからいいものの、一歩間違えれば、大混乱となっていたかもしれない。
    それを成功させたのは、日本の大企業であり、人材も揃っているという一流企業の懐の大きさなのであろう。
    こういう土壇場の自力みたいなものは強いと思わせた本であった。

全1件中 1 - 1件を表示

ゴーン革命と日産社員―日本人はダメだったのか? (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする