ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)

  • 323人登録
  • 3.57評価
    • (24)
    • (35)
    • (57)
    • (9)
    • (1)
  • 38レビュー
制作 : 田村 明子 
  • 小学館 (2005年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094180329

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 部屋を整理できるようになる本

  • この人の本読むと毎度毎度、部屋に悪い気が、悪い気がたまっている。

    と、思うもののなかなか完璧には片付かない毎日です。

    風水も読んでるうちはなるほどーって思うけど、宇宙のパワーとかいうキーワードがでてくると、のんちゃんのお母さんの怪しき宗教がちらつき、胡散臭くてなんともなぁ。

    聖水と塩とベルを用意してください。

    っていう時点で、かなりの面倒くささがつきまとう私です。

    ま、そのまえにしなきゃいけないことたくさんあんだけどさ。

    でも、本当思いついたように掃除をしたくなるから不思議な本です。

    宇宙のパワーです。

  • 掃除してすっきりした家に住みたい、と思った
    クリアリングは難しそうで間違って悪いものを寄せ付けそうなので怖くてできん

  • もう一冊の方は、ガラクタ処分に焦点を当てていたけれど、今回は内容が風水寄りでした。風水好きの私としては興味深く読めました。スペースクリアリングすると部屋の波動が上がって、ゴキブリも出なくなる(ゴキは低い波動らしい)というのにはびっくり。面白いですね!とりあえずガラクタ捨てと掃除頑張ります。

  • 「自分が見える」のさらに上級版というかんじ。バリの話や実際のクリアリングについての部分はかなりとばしてしまいました。いきなりこの本を読むと、作者のメッセージが伝わらないので「自分が見える」を先に読むことをお勧めします。

  • 片付けよりも風水とかスペース・クリアリングの方法とか。
    片付けが終わった人向け。

  • かなり風水よりですが場を清める音があるということが印象に残っています。今も時々手を叩いてしまうことがあります。

  • 今で言う断捨離の薦め本です。風水と、著者の永年の経験を練り合わせて、スペースクリアリングという独自の考えを元に物だけでなく、人間関係や、自分にとって何が大切かをややスピリチュアル的に説明しています。

  • いらないものを捨てて部屋を整理すると、気持ちがスッキリして前向きになる気持ちはわかるけど、霊がどうとか言われるとちょっと・・。
    風水って本当に効果あるのかな・・。

    ・ガラクタをきれいにすると、体から大量のエネルギーが放出される。本当に必要ではなかったもの、大切ではないものを処分することによって、体も心も、そして魂も実際に軽くなったように感じる。

    ・人がガラクタをためこむのは、自分の生きている証が欲しいと潜在的に思っているから。人生を変化させ成長したいと願っていても、潜在意識は未知のところへ踏み込むのを怖がっている。

    ・「万が一の場合」に備えてものをためこむと、潜在意識に万が一の事態の準備をせよと指令をだすことになり、潜在意識は忠実に、「ほら、やっぱり」と言えるような状況を作り出す。

    ・古い本にしがみついていると、新しいアイデアや考え方が入ってくる余地がなくなってしまう。

    <ガラクタ退治のコツ>
    ・過去1、2年使用しておらず、心から好きなものでなければ、それは処分する時期がきている。
    ・引き出し1つだけきれいにしてみる。一度に家全体をやろうと無理をしてはいけない。

全38件中 1 - 10件を表示

カレン・キングストンの作品

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする