ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)

  • 80人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (4)
    • (36)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西崎めぐみ
制作 : 渡瀬 悠宇  渡瀬 悠宇 
  • 小学館 (1999年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094207774

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)を本棚に登録しているひと

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)の作品紹介

光源帝と美しい孟太后の間に生まれた星宿は、激しい皇位継承争いの中、親の愛も知らずに孤独な少年時代を過ごす。そして、14歳で彩賁帝となった星宿は、異母兄弟を片っ端から殺す母の恐怖政治に悩み続けた。その後、時は流れ、美朱と朱雀七星士が朱雀召喚に必要な神座宝を探す旅に出ている間、紅南国に残った星宿は恋に落ちる。相手は、後宮で柳宿と大親友であり、後に后となる鳳綺!!が、その恋愛の陰には、星宿の生き別れの兄との哀しくも激しい愛憎劇があった…。星宿の波瀾万丈の生い立ちと、柳宿が旅先から鳳綺に宛てた感動の手紙の数々を初公開。

ふしぎ遊戯外伝〈5〉朱雀悲伝 (パレット文庫)はこんな本です

ツイートする