夢色十夜 (パレット文庫)

  • 41人登録
  • 3.43評価
    • (4)
    • (2)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 今 市子 
  • 小学館 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094212310

夢色十夜 (パレット文庫)の感想・レビュー・書評

  • 高校、大学と共に過ごした若き弁護士倉橋と、公爵家の未子鷹司は親友同士。倉橋は、鷹司公爵家の年始の会に誘われ、公爵邸の古い土蔵で、ある怪奇現象を体験するが。

    ちゃんと昭和初期な作品。
    こういったものでこの時代を扱っているものって、小物が昭和初期なだけで、人々との意識やつながりが現代チックなものが多いのですが、これはちゃんと昭和初期でうれしかったです。言葉の選び方も昭和っぽい。
    怪奇現象も幻想的で美しいものが多く、物語の雰囲気と時代によくあっていました。

  • なんだか鷹司のキャラクターが捕え難かった。
    「恐ろしくプライドが高い」という割にはフツーに素直なような。
    もう少し跳ねてても良いと思うんですが。

  • 古き良き時代を穏やかな文章で綴った幻想的な短編集。友人以上BL未満な二人のやりとりに妄想がとまりません…。

全4件中 1 - 4件を表示

夢色十夜 (パレット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする