悪魔なブラザー (パレット文庫)

  • 24人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : あさぎり夕
制作 : あさぎり 夕 
  • 小学館 (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094214017

悪魔なブラザー (パレット文庫)の感想・レビュー・書評

  • 学園もの。親の再婚で兄弟になったカリスマ綺麗系生徒会長とちょっと冴えない眼鏡くん。

    最後の方が駆け足っぽくて残念。
    あさぎり先生はこの話かなり苦労されたご様子。

  •  そんなに、悪魔じゃないと思うけどな……?
     僕の気のせい? これくらいなら、十分、許容範囲です(ぉぃ)
     でもまぁ、わかるよね。その人が嘘を吐いてるかどうかってさ。
     それに、春が爆発するのはいいことだよ。だって、溜め続けたらよくないからね。
     それでも、春はこれから、ぶち壊したところに戻って修復しなきゃいけないってことを学ぶのは、とても大切なことだと思う。
     壊すのは簡単。
     でも、治すのはとんでもなく難しい……(爆)

  • 僕は水上春、15歳。父は僕の誕生前に他界し、母一人子一人。そのお袋がつい先日結婚、僕と共に、父一人子一人の水上家に入った。水上の息子・柚良は1学年上の美形の秀才。僕は立場を考え、彼が通う名門私立男子校・白皇高校への入学を決めた。彼と二人きりの時、その優しさに違和感を感じ、無理しないで、と言うと…柚良は豹変、本性を現した!傲慢で狡猾でエッチな本性を!!白皇に通い始めてまたビックリ。外面に騙され、生徒みんなが麗しの生徒会長“柚良様”シンパなのだ。嫉妬と羨望から、僕は陰湿な虐めを受けることに。唯一親しくなれた隣の席の篠宮も、柚良の○○だった…!?

  • 僕は水上春、15歳。父は僕の誕生前に他界し、母一人子一人。そのお袋がつい先日結婚、僕と共に、父一人子一人の水上家に入った。水上の息子・柚良は1学年上の美形の秀才。僕は立場を考え、彼が通う名門私立男子校・白皇高校への入学を決めた。彼と二人きりの時、その優しさに違和感を感じ、無理しないで、と言うと…柚良は豹変、本性を現した!傲慢で狡猾でエッチな本性を!!白皇に通い始
    めてまたビックリ。外面に騙され、生徒みんなが麗しの生徒会長“柚良様”シンパなのだ。嫉妬と羨望から、僕は陰湿な虐めを受けることに。唯一親しくなれた隣の席の篠宮も、柚良の○○だった…!?

全4件中 1 - 4件を表示

あさぎり夕の作品一覧

あさぎり夕の作品ランキング・新刊情報

悪魔なブラザー (パレット文庫)はこんな本です

ツイートする