うそつきな瞳 (パレット文庫)

  • 23人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 朝香祥
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 小学館 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094215014

うそつきな瞳 (パレット文庫)の感想・レビュー・書評

  • 穂高瑞紀はスポーツの盛んな私立高校に、サッカー推薦枠で入学。一年後の春休み、公園でチンピラ四人から暴行を受けて大事な足を折られそうになったその時、1人の少年がサッカーボールを蹴って、暴漢たちの顔面にヒットさせ、窮地を脱した。わずかな“プレー”で逸材だと魅せられたのに名前も所属も聞きそびれてしまう。どこのチームの選手か必死に探すが…灯台下暗し、少年は同じ学校の一年生・麻生奎…本場イギリスでプレーしていて入学直前に帰国したという。人を食った物言いでサッカー部入部を断るも、瑞紀の熱心さに一対一の勝負を提案。だがその結果、サッカー部全体に波紋が!?

  • 穂高瑞紀はスポーツの盛んな私立高校に、サッカー推薦枠で入学。一年後の春休み、公園でチンピラ四人から暴行を受けて大事な足を折られそうになったその時、1人の少年がサッカーボールを蹴って、暴漢たちの顔面にヒットさせ、窮地を脱した。わずかな“プレー”で逸材だと魅せられたのに名前も所属も聞きそびれてしまう。どこのチームの選手か必死に探すが…灯台下暗し、少年は同じ学校の一年生・麻生奎…本場イギリスでプレーしていて入学直前に帰国したという。人を食った物言いでサッカー部入部を断るも、瑞紀の熱心さに一対一の勝負を提案
    。だがその結果、サッカー部全体に波紋が!?

  • 2008/9/19 20:25

全3件中 1 - 3件を表示

うそつきな瞳 (パレット文庫)はこんな本です

ツイートする