昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)

  • 77人登録
  • 3.49評価
    • (7)
    • (4)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 霜島ケイ
制作 : 西 炯子 
  • 小学館 (2000年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094305715

昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)の感想・レビュー・書評

  • ・表紙聖とユミちゃん美人すぎやしまいか
    ・満身創痍達彦さん
    ・佐穂子さんのアタックが空振りすぎて聖・・・聖お前・・・
    ・聖のことになるとすぐこっぱずかしいモノローグと共にポンコツるユミちゃん
    ・ここで終わるんですか!!?

  • 中央から神島に鬼の貸し出し要請あり。
    佐穂子はご立腹で大反対だが、神島の一存で成立。
    鬼二人は鹿島へ。
    そこで蛇神に聖が憑かれて、中央の術者を殺してしまう。
    中央から追われる立場になった二人は、高良の機転で身を隠すことになるが・・・。
    今回は聖受難。達彦は色々懲りているのか、いないのか。相変わらず飄々としていたけどね~~。
    三吾も自分の立場をとうとう自覚せざるを得ない状況に・・・

全2件中 1 - 2件を表示

昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

昏き神々の宴―封殺鬼シリーズ〈21〉 (小学館キャンバス文庫)はこんな本です

ツイートする