人類は衰退しました (ガガガ文庫)

  • 1691人登録
  • 3.72評価
    • (190)
    • (209)
    • (341)
    • (24)
    • (5)
  • 198レビュー
著者 : 田中ロミオ
制作 : 山崎 透 
  • 小学館 (2007年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
ヤマグチ ノボル
有効な右矢印 無効な右矢印

人類は衰退しました (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『高度に発達したライトノベルは純文学とみわけがつかない。』を体現したような作品。
    パロディというかクリシェがおおい、でも肥満した妄想を爆発させる文体がとても純文チックな文章。妖精さんがほのぼのシュール。
    童話みたい。ライトノベルなんて読んだことないと豪語するそこのあなた、騙されたと思ってまずはこの一冊から始めませんか?

    ――
    すぐ足元にたくさんの妖精さんが集まってきます。
    「お元気そうですね」

    「おげんくです」「むだにげんきです?」「いきいきいきてますが」「ちりあくたみたいなぼくらです」「なぜかいきてます」「ふしぎだー」「いきてるってふしぎです」「じつは、いきてないのかもです」「せかいはもしかするとじぶんひとりのまぼろしかもです」「きのうあたりからいきてるです」「そういえば、いきてます」

    ――214Pより引用

  • 人類は「衰退」し「引退」。旧人類となった。
    そして現在、地球は「妖精さん」のものになっている。
    学舎最後の卒業生の一人、<わたし>は
    おじいさんの後を継いで国家公務員<調停官>に。
    (といっても給料は現物支給なので高給取りではない)
    楽そうだからこの仕事を選んだものの、
    <わたし>を待っていたのは
    「妖精さん」に翻弄されたり翻弄したりの
    多忙と怠惰を極める(?)毎日だった――。

    《感想》
    ラノベ界でも修羅の道、女性主人公の本作ですが、
    読んでみて納得。
    このゆるさは<わたし>にしか出せない。
    発展することをやめ、静かに終わりへと近づいていく
    人類はこんなにも穏やかです。

  • どういう因果か、Amazonの「おすすめ」の本に入っていたので、なんとなく購入。
    金額合わせのための(配送料を無料にするための)ザ・衝動買い。

    でも、けっこうお気に入りです。

    くだらないんだけど、おもしろい。
    なんか、全体的に力の抜ける、まったりした雰囲気。
    リラックス用の本。
    ちょうどマンガを読むのと同じ感覚で読めます。

    妖精さんがもう、本当にバカバカしくて、可愛くて。

    2冊目も買っちゃおうと思っている今日この頃(でも本屋さんで見つからない。。。Amazonだと他の本も買わなきゃだしな〜)。

  • 寝る前に読むと幸せな気持ちになって眠れます。
    限りなくゆるいんだけど、時に知的で、ユーモアのセンスに富んだ、作者の文才がすばらしい。

  • ほんわか。
    群れた「妖精さん」のざわめきがブラックかつ小ネタ満載で楽しめた。

    どっかであらすじを知って探し求めた割には…という感もあるが、
    無欲な感じの旧人類と、予想の斜め上をいく人類こと妖精さんはほんわかに素敵。
    次巻は…古本か電車で暇なときか

  • ほーりーしっと(=世界の仕組みや妖精さんの秘密に心ときめかせながら、主人公とおじいさんや主人公と妖精さんとのキャッキャウフフを楽しみながら、物語の要素の作りや妖精さんの行動からいろいろ深読みしながら、世界や妖精さんや主人公やテーマや作者のことを楽しみつつ知ることができる超良作)。

  • (・ワ・)『にゅあんすで』

     アニメ見て興味がわいたので。久しぶりにラノベ読んだわ。
     妖精さんがかわいかったです。
     さくっと読んだんだけど、まあ、ラノベらしく、微妙に小難しいことがちりばめられてるなっていう。そのへんは流しつつ、妖精さんのかわいさを堪能させてもらいました。わたしちゃんって何歳くらいなんだろうなぁ。二十歳くらい?
     末尾の報告書って、提出する先、あるんですかね。おじいさん? 読んでくれるかな。
     続きを探して読みたいところ。
     妖精さんの会話は全部好きなんだけどね、抜粋。ちくわさんとわたしちゃんの会話。


    「いっそけっこん、しますか?」
    「しません」
    「そおかー」


     結婚という概念は知ってるわけだ、って思ったけど、妖精さん、コンビニも知ってたしな。

  •  良かった。果てしなく良かった。まぢで良かった。
     これまでロミオさん関連ではクロスチャンネルしか知らなくて、童話風な物語ではどの様な作風になるのか全く予想できなかった。正直期待外れの作品になるのではないかと疑っていたのだが、全くそんなことは無く充分に楽しめる作品だった。

     キャラクターの少なさを感じさせないテンポの良い会話。小難しさの無いすっきりとしたストーリー。というか、登場人物で名前が明かされているキャラが全く居なかったな。妖精さんはあくまで仮名だし、主人公やお祖父さんは名乗らないし、最後に出てきた人物も名乗っていない。学生時代の主人公の友人もY氏という扱いだ。唯一学舎OGとして「奥月」という名前があるだけだ(だが物語とは関係が無い)。こんなところにも作者のこだわりを感じてしまう。

  • 読み切りかと思ったらシリーズものでした。

    衰退するまでの話かと思ったら、衰退して人類は妖精になり、人類は旧人類に。
    その妖精の謎を解き明かすお話でした。

  • わたしさんと妖精さんの会話のキャッチボールがいちいち可愛い。

  • 平和でほのぼのとしたファンタジーで、深く考えずさくさく読めて優しい気持ちになれます。
    “妖精さん”というメルヘン生命体が中心ですが、彼らの行動を文明史や文化人類学の知識を交えて分析するというちょっと知的なシーンもあり、
    穏やかな気持ちで人類の栄枯盛衰について考えられる(?)不思議系ラノベです。

    地の文が秀逸で、合間合間のツッコミにクスッと笑ってしまいます。
    忙しい毎日に心が荒んでしまった人には特にオススメ。

  • 独特な文体ではあるがサクッと読める。一日もかからない。
    わたしと妖精さんのやり取りが楽しい。

  • Nちゃんおすすめのラノベ。
    オススメポイントは、男子の理想の女子が出てこないし、世界観が好きだから、と。

    人類はその数が少なくなって衰退してしまった。変わりに地球の新しい人類となったのは 身長10センチくらいの妖精さん。
    お菓子が大好きで、嬉しいことがあると、すぐ分裂して数が増えたり、怖いことがあるとすぐ失禁したり。
    ニワトリ並に、記憶力が無いのかと思いきや、
    すんばらしい世界を作り上げてしまったり。
    興味がなくなると、そのすばらしい世界も作り替えてしまう妖精さんたち。

    主人公は、そんな妖精さんたちを観察・人間との調整役をする国家公務員。同職の先輩である祖父に、ゆるーい指導をうけながら妖精さんを観察する。

    そして、妖精さんたちの作ったペーパークラフトまでもが独自に進化してゆくことも確認し・・。

    まったり ゆったり衰退してゆく人類。
    数が少なくなってゆくからといって、旧人類みんなが こんなにものんびりしているとも思えないけど、
    これはこの世界で楽しい。

  • 歳をとってラノベを読まなくなってきましたが、ラノベ好きの友人に最近面白いのを聞いたらこれでした。確かに面白いです。アニメ化もされていますが、これって小説だから面白いんじゃないかな、と思います。今度見てみようと思います。

  • アニメ化の前から気になってた作品。
    田中ロミオの別名義の作品が面白かったので。
    挿絵は改訂版よりこっちの方が好きだったのですが、アニメが新しい方の絵でやっていたので、妖精さんのビジュアルは新しい方で想像しちゃいますね…(苦笑)。

    アニメはアニメでほのぼの+シュールなギャグみたいな感じで良かったのですが、小説だとそれにプラスして文化人類学視点の考察なんかもちゃんと読めるので、私は割と好きです。
    人によって好みは分かれそうな気がしますが…。

    でも妖精さんと私ちゃんが可愛いから良いのです(私ちゃんの可愛さは、実はビジュアルだけな気はしますが…(苦笑))。
    妖精さんの会話を読んでいると、妖精さん風に話したくなってくるので、危ないです…(アニメの妖精さんは可愛かった!)。

  • 地球で『人類』とは、背丈10cmの妖精さんをさす言葉になった頃。
    学校を卒業して故郷に帰ってきた、やる気ほぼゼロの
    公務員になった少女の…奮闘記?

    仕事を探して奮闘してます?
    いやでもこれほど疲れる事したくない、という人は
    それはそれで妬ましい…。
    もうお金もなく、ものは配給切符。
    そして対象調査(?)の妖精さんたる『人類』は甘いもの好き。

    戻ってきた編と、その後編。
    あとがきを読むと、どこからでも金太郎飴、な話でも
    大丈夫にしようとしているらしいので…ここから先は謎。
    ほのぼのしてていいのではないでしょうか?
    やってる事は想像するに、ほのぼのしてますし。
    主人公以外、被害にもあってませんしw

    人見知りする、という主人公のデータですが、今の所
    戻ってきたときの村人以外に出てきた人が祖父だけ。
    なのでうっかり忘れてしまいそうです。
    そして名前だけが出てきている『助手』は
    そのうち出てくるのでしょうか?
    進化したペーパクラフトは、その後どこまで進化するのか。
    むしろ、この後も出てくるのか。

    妙な所に期待、です。

  • 〈わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は“妖精さん”のものだったりします〉という世界を、大柄人見知り女子「調停官」の視点で描く、ほのぼのファンタジー。まるまっちゃったり、失禁したり、集まるととんでもないことをやっちゃったりする妖精さんの不思議な生態がおもしろい。まさにその生態観察として、物語は展開されていく。
    「ファンタジー生物」である妖精さんはともかく、一人称の語り手である主人公もほのぼの生物なので、語り口がなんだか妙だ。道具立てとしてそんなに素っ頓狂なものはないが、そこが味付けになっている。
     というわけで登場人物みんなが「ほのぼの生物」であるからして、なかなか話は進まない。ちょっと異分子が入ってきたりすると、また違って展開があるかも。まだ主要な「人類」の登場人物は2人しか出てきてないので、このままほのぼの異世界ファンタジーとして終わるのか、なんかすごい大変動が起きるのか……大きくも小さくもなる、世界観としてはなかなか楽しみなラノベ。暇をみて、2巻も読むかも。

  • 友人に薦められ、しばらく積んでいたものの読み始めたら一気に読み進められました。タイトルでシリアスっぽい印象もありましたが、中身は不思議系ブラックコメディといった模様です。
    魅力はなんと言っても妖精さんが展開する摩訶不思議な世界。予想の斜め上をいく結末に、「次はどうなるのだろう」という好奇心をそそられます。
    自堕落で先の希望も絶望もなく、ただただ楽天的に過ごす「私(主人公)」が、好奇心から「新人類」である妖精さんの不可思議な世界に引き込まれていく、ファンタジー作品。童話的ながらどこか不思議な感覚に囚われたら、もうあなたは妖精さんの虜かもしれません。

  • 「わたし」と妖精さんとの会話が楽しい。
    アニメもう一回見たい。

  • 7月26日読了。図書館。

  • アニメを観ていたので、脳内で声が流れる流れる。
    ゆるゆるしてるけれど、皮肉の利いた台詞があったりしてて面白い。

  • 世界で人間が衰退し、妖精が新たな「人類」として隆盛を極めている時代。
    妖精は非常に高度な技術を持つ一方、気まぐれで熱しやすく冷めやすい。また、人間に大して非常に好意的。
    そんな中で、不要とも思える人間と妖精の折衝役を務める主人公。
    妖精たちのメチャ加減と意味不明さ、ユルい世界感が織り成すまったりした物語がツボる。

  • アニメの妖精さんがかわいかったので読んでみた。
    面白いけど、動いている方がいい。

  • こんな時代に生まれたかったなぁと・・・。

    形あるものはすべて滅びる。というように人類が滅亡する日は必ずやってくるはずです。SF小説や映画では、隕石が落ちたり、地球が爆発したりと様々な形で人類は滅びます。ですが、予想できるものはだいたいにおいて対抗策が取られ、人類はなんやかんやで生き延びます。だとしたら、人類の滅亡はこの小説のように老衰するがごとく、なのかもしれません。というか、これが一番ベストなんじゃないかと。痛くないし。

  • アニメを見て妖精さんのあまりの可愛さに惚れ込んだので読んでみた。
    そして原作を読んでさらにちくわさんのファンになった。
    最初は、「わたし」ちゃんが卒業して調停官になって妖精さんとファーストコンタクトを計る話と、ペーパークラフトで進化を楽しむ話。
    本気で妖精さんが近くに現れてくれないかなーって思う。

    アニメ版とは順番が随分違うようだけれども、連作短編っぽいのでこのまま気にせず読み続けようと思う。

全198件中 1 - 25件を表示

人類は衰退しました (ガガガ文庫)に関連するまとめ

人類は衰退しました (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類は衰退しました (ガガガ文庫)の作品紹介

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の"調停官"となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが…。田中ロミオ、新境地に挑む作家デビュー作。

ツイートする