ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)

  • 101人登録
  • 3.80評価
    • (11)
    • (16)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大樹連司
制作 : 鬼頭 莫宏  鬼頭 莫宏 
  • 小学館 (2007年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510263

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ぼくラノ第三巻。コダマ、マコ、アンコ編を収録。
    コダマが原作のキャラ設定をしっかりとベースにしたうえで、原作と異なる経緯で変わっていく過程、そして闘いへの覚悟等が丁寧に描写されていてとてもかっこよかった。
    パラレルワールド同士の潰し合いという設定を最大限生かした形で登場した、ダイチの登場はストーリーも合わせて卑怯なくらいにズシッと来た。
    アンコに用意された状況が原作以上にえげつなくて驚いた。
    原作を読んだ上で読むことがオススメ。

  • コダマはアニメと随分印象が違う話になってますね。
    小説版だとカコみたいな感じだったと記憶しています。
    自分に大きすぎる力を受け入れて、上手く使えたんじゃないでしょうか。
    ダイチと視点が入れ替わりながら話が進んでいくのも面白いです。
    その結末が何とも、悲しいというべきか・・・上手い表現ができません。
    それでもコダマは精一杯、ベストは無理でもベターを目指して奮闘できたと思います。
    戦闘自体は圧倒的、という感じですね。

    アンコのアウェー戦はなかなか・・・精神的に厳しいでしょう。
    自分達が勝てば、と頭で解ってはいても、迷うのではないでしょうか。

  • 「ぼくらの」パラレル設定小説、本巻では更に評価を上げたい。
    原作のコダマは、ただ「力」を得て悦に入った子どものままだったが、本作コダマは悩み、考え、変わる事が出来、小さな幸せを護った。
    また、マコは大切なものに見守られて孤独でなく逝った。
    アンコはここまで考えの浅い、普通の幼い少女だったものが、世の善悪の矛盾や不公平を知り、それでも尚自らを肯定して、むごい状況を戦い抜いた。

    ここまでで1つ、解ったのは、この作品の著者が原作「ぼくらの」と、その登場人物たちをとても愛している、という単純な事実。
    だから、惨く、切ない設定で彼らが無残な終わりを迎えても、読後感が悪くない。
    だからこそ、まんがを読まずに本作は読んではいけないと断言する。でなければその愛情を感じられないと思うから。
    ダイチの希望、マコの喜び、アンコの苦悩、そんなものも。

  • だんだん面白くなってきました~。
    とりあえずマーヤがどういうポジションなのか気になります。

全7件中 1 - 7件を表示

ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)の作品紹介

ついに、日本の軍部に身柄を拘束された、子供たちの巨大ロボット-"人形"。その情報は密かに全世界へと流され、アメリカは「日本は大量殺戮兵器を隠している」という考えに至る。「命は、結局、使い捨てられていくもの。そして、個々の命にたいした違いはない。死んでいった仲間も。俺も、親父も」…ついに国家間の関係までもがあやしくなり始めた終末的世界で、"敵"との戦いに選ばれた操縦者・コダマはなにを思い、"人形"に乗り込むのだろうか。月刊IKKI連載マンガ『ぼくらの』!原作者も大推薦のアナザー地球編、第3巻。

ぼくらの ~alternative~ 3 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする