FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)

  • 48人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 古川耕
制作 : 佐藤 大  佐藤 大  桟敷 大祐  曽野 由大 
  • 小学館 (2007年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510386

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)の感想・レビュー・書評

  • この巻はビックリした!
    当時流れていたテレビCMとリンクするところがあって思わず感動した。
    オリジナルキャラクターのフィッシュの登場もあり、カズマの周囲が急激に変化していく。
    ダンとの仲もだいぶ深まったところで、フェイスとすれ違いがあったりしてね。
    本当にこの宇宙のどこかで起こっている出来事を読んでいるような気分になった。
    OVAではタケルとビスは地球に着く事ができたけれど、残されたカズマの気持ちを考えるといたたまれない。
    ラストははっと息を呑んだ。(わかっているのにね〜。)

  • 早く3巻出ないかな〜・・・(08/04/11)

全2件中 1 - 2件を表示

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)の作品紹介

「地球は生きていた!」巨大月面ドーム都市「エデン」の中、ニセモノの自由にごまかされ続ける毎日に我慢できなくなったカズマとタケルは、ドームを飛び出した。そこで目にしたのは、地平線の上に浮かぶ青く美しい地球。「エデン」は嘘をついていたのだ。そしてカズマは確信する。「…タケルは地球に行く」。地球へと脱出を試みるカズマとタケルに管理局の追っ手が迫る!!-日清カップヌードルTV‐CFと連動して大ヒット中のOVAシリーズ『FREEDOM』と対をなす青春フューチャーストーリー第2弾。

FREEDOMフットマークデイズ 2 (2) (ガガガ文庫 ふ 2-2)はこんな本です

ツイートする