さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三日月
制作 : maruku 
  • 小学館 (2008年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510492

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回のは面白かったです。
    メインキャラ総出でのからまわり。
    楽しいです。
    さちとアツミの関係も一向に進展せず、誰も何も知らない状況で、それぞれがそれぞれに勘違い。
    いいラブコメですね。
    バトル関連は最後のほうにチラッとあった程度です。
    初登場の不死の者である吸血鬼も登場しましたが…かわいそうな出番でしたね。
    楽しかったです。
    続編ありそうな雰囲気だったので、続編が楽しみです。

全1件中 1 - 1件を表示

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)の作品紹介

期末試験中にもかかわらず、アツミの背中を見つめ続けるさちの視線withニヤけ笑い。高田アツミと両想いになったはずの吉岡さちの日常は、以前となにも変わっていなかった!オクテすぎる2人をみかね、親友の那美はさちに様々なアドバイスを与えるが、その心配をよそに転校生・白鳳院優梨花と急接近するアツミ。2人の関係にやきもきするさち。しかし、昇天結社から派遣された執行人・優梨花の狙いはさちにあった-。おかしな三角関係、ここに成立!?第1回小学館ライトノベル大賞・期待賞受賞作の続編登場。

さちの世界は死んでも廻る (2) (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする