人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)

  • 792人登録
  • 3.82評価
    • (73)
    • (96)
    • (104)
    • (7)
    • (2)
  • 62レビュー
著者 : 田中ロミオ
制作 : 山崎 透 
  • 小学館 (2008年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『物資』を手に入れねばならない話と
    増えすぎた妖精さん話の、2編もの。

    なんというか…さすが妖精さん、詰めが甘い。
    いや、まさかこんな状態になるとは思えませんし。
    むしろ落ちの乗っ取り計画に突っ込むべきなのか
    動力源に突っ込むべきなのか。
    空からお菓子が降ってきた、より楽しい状態に
    最後にはなってますが。
    ある意味幸せ?

    なぜ妖精が学校もどきをやっている?! と
    驚きな2本目。
    それよりも驚く驚きが、その後まっておりましたが。
    幸せだと思うと増えていく妖精さん。
    お菓子のせいで増えまくっている妖精さん。
    無駄に頭がいい妖精さん。
    ある意味、ものすごくよい生活?
    そしてまたしても驚きの生活力の元。
    一応祖父が誤魔化されてくれてよかったね、としか
    言いようがないほど、作られてしまった文明w

    で、流されてしまった妖精さんはともかく
    残った妖精さん、どう生きていくのでしょう?

  • 妖精グッズ量産工場へ行ったり、無人島で妖精さんと国家を築いたりする物語。
    というか、アニメで観たね。これら。

    「妖精さんの、ひみつのこうじょう」
    処理済チキンは絵で観ると非常にキモイ。間違いない。
    しかし、相変わらずギャグテイストで埋め尽くされてるな。

    「妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ」
    島スタート。まさかの島スタート。
    私は結構好きです。この話。
    技術発展は確かに素晴らしいけれど、何も考えずに際限なくやりたい放題やったら駄目だよね、な話。

  • とうとう4巻目です.
    今回はクスノキの里が物資不足に陥る話と
    「私」が島に行く話でございます.

    イキナリですが,
    パンがパンである必要は無いのです.
    酵母とか発酵も無くても良いのです.
    パンっぽい色と形と味がすれば良いのです.
    なんて恐ろしい・・・.
    まるでファ●タオレンジ(無果汁)とか
    「原材料名:イチゴエキス」とか,
    そういう本当は怖いファストフードみたいな感じです.
    天然由来成分と人工成分の違いが
    自然物から薬品とか何とかで抽出したか
    最初から化学反応で作ったかの違いでしかないとか・・・.
    なんか違うか?
    まぁいいや,とにかく
    パンのような味がして,パンのような香りと色と食感があるのに
    そうなるように合成したパンみたいなものと
    パン屋さんがコネコネしてイースト菌が頑張ったパンとの
    見分けが付かなくなった時,どちらを食うべきなのだろうか.
    きっと合成パンが安くてパン屋さんのパンが高いんでしょう.

    そーいえば,
    ドラえもんの道具に「グルメテーブルかけ」ってあったんだけども
    アレも食材から調理してるんじゃなくて合成食っぽいよね・・・.

    妖精さんたちと「私」がクスノキの里の妖精密度を下げるために
    新天地を目指して妖精の少ない土地へ移動する話.
    なんだかんだで島に漂着して
    そこで「私」を女王様にした妖精国家の建国.
    愉快な植物がたくさん出てきて笑える.
    そういえば,蚕の幼虫が吐いた糸で作った服は高級品なのに
    蜘蛛の糸で作った服は無いのぅ・・・.
    あの糸ってかなり頑丈だから強い布が出来そうな気がするんだけども・・・.
    やっぱりあの,糸を生産している奴らの外見の問題か?
    でも蜘蛛も幼虫も生理的嫌悪感で言えばそんなに変わらない気がしないでもない.

    次回,なにかが起こるそうです.
    いやー,楽しみだ.

  •  今回はこれまでに比べて更に多様な妖精さんたちが出てきて一段と作品の魅力が増したように思う。

     内容は食料工場の探検と無人島を王国に変えてしまった話。どちらにも妖精さんらしい発想が随所に込められていて読んでいると自然と情景が浮かんでくるようである。
     しかし、絵柄や本の雰囲気に相反して助手さんの絵本や憂鬱状態の妖精さんが放つ言葉はかなりの黒さを含んでいる。ブラックユーモアですか。あと、崖から集団自殺するチキンはシュールなんて言葉じゃ済まない程ブラックです。
     今回も無人島を科学の最先端にしてしまった妖精さん。彼らにお菓子作り以外の限界はあるのだろうか?

  • 978-4-09-451104-8 258P 2008・12・23 初版1刷

  • 1月12日読了。図書館。

  • 文化生活万歳!

    ひもじかったり豊かだったり、わたしちゃんはだいぶ忙しい様子。

    深いような、そうでもないような?

    物語の展開がおもしろい。

  • 人類は衰退しましたの4巻目。
    不条理なファンタジーなのですが、毎回お話ごとに、いろんな分野について、考えさせられることが混ざっているような…。
    ひみつのこうじょうだと、身近なものにも表出されない思考が宿っているかもしれないということ。
    ひょうりゅうせいかつだと、集団生活におけるストレスといじめの発生とか、人類の発展における資源の重要性とか。

    私ちゃんのショートカットは可愛いと思うのですが…本人は嫌なんですよね。
    アニメの妖精さんのいじめシーンの「おめーのせき、ねーです?」は可愛かったなぁ…(ひどい台詞だけど)。

    しかし、ひょうりゅうせいかつのcivilizationネタはアニメで入ったのかと思ってたけど、原作の時から…というかむしろ原作まんまだったんですね…。
    当時から結構有名だったのかなぁ…。

  • 頭からお尻までたっぷり妖精さんが詰まった一冊。妖精さんが絡むと話がとんでもない方向に飛んで行って、暴走して、混沌を極めて、「これどうやって収拾するんだよ…」という読者の心配もどこ吹く風、最後に残されたのは斜め上のエンディングと筆者の困窮した生活ぶりを描いたあとがき。
    なにがなにやらよくわからないままに読み終わってしまいました。ついうっかりロミオ節にハマってしまった一読者として最後までしっかり見届けたいと思います。

  • アニメを思い出しました。チキンはショッキングです。

  • ひみつのこうじょうは、とても妖精さんらしい不思議な空間で、面白かった。
    食パンの一斤さんのくだりはアニメでもすきなシーンだったので、楽しかった。
    アニメ衝撃的すぎた。
    食品が自我をもつというのは、なさそうでありそうだからこわい。
    (植物とかももしかしたらしゃべっているかもしれないしね…)

    後半の孫ちゃんが女王様に就任するはなしも、すてきだった。
    さまざまな遺伝子組み換え植物が出てくるのが楽しかった。
    妖精さんのつくるものは文面ではメルヘンチックですてきだけど、じっさいには使いたくないなあとおもう。
    そして、鬱る妖精さんもかわいらしかった。

  • 妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ
    が実はアニメだとわりと好きな話
    そして両方アニメ化されている話なのでさくさく読みました。

    妖精さんの密度が増えるくらいには
    妖精さんと交流して毎回ひどいめにあってる私ちゃんなのに
    妖精さんと暮らすことで、まだまだ知らないことあるのね
    って感じになってます
    そりゃあそうか←
    うっかり根暗な言い方して、妖精さんの鬱発症させるとか
    うかつだなあと思いました

  • 「ようせいさんのひみつこうじょう」と「ようせいさんのひょうりゅうせいかつ」の話。
    ひょうりゅうせいかつはアニメ版でもお気に入りの話なのですごく良かった。
    かなり原作に忠実につくってあるんだなあと。
    落ち込む妖精さんがかわいくてかわいくて、つい「しはい」とかしてみたくなります。

  • 懐かしい日々はすぐそこに。

  • 読みやすいけど面白さは並程度

  • 【読了】田中ロミオ「人類は衰退しました4」 今月18冊目

    夏アニメも好評な「人類は衰退しました」。アニメは原作通りの時系列でやっていないのだけれども、4巻まで読んでようやくアニメ1話と2話のエピソードにたどりつくことが出来た。

    4巻の前半が、アニメ1話、2話のエピソードなんだけど、これを読むと実に巧くアニメ化したんだなぁというのが分かる。確かに高い原作力を持っているエピソードなのだけれども、アニメという媒体を最大限に活かした演出や改変。これはなかなか質の高い仕事といえる。

    後半は、あとでアニメ化されるはずのエピソード。これもまたある種、人類の歴史を皮肉った内容で地味に面白い。

  • 前のイラストレーターさん、すっごくかわいかったけど、変えて正解かも。ペナルティ断髪後のわたしちゃんがかわいすぎます。
    戸部さんのイラストの方がイメージ合ってる。この人はイラストが多いからお得感もあるしね。デュアン懐かしい。
    でも読んだのはこっちなので、登録もこっち。

    「妖精さんの、ひみつのこうじょう」
    アニメ第一話、二話のエピソード。原作を読んで、アニメがすっごい良い出来だということを再確認した。
    そう言えば、前にも謎のバナナを作ってたな。今回は妙な機能は無し。
    助手さんはカメラ小僧でした。

    「妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ」
    とうとう女王様に就任してしまったわたしちゃん。まるで、働き蜂を従える女王蜂のようだ。
    島が一つ無くなって、少なくとも三種の固有種が失われたと思われますが、そんなことよりジジデレ来ました!!
    そしてわたしちゃんを心配する助手さんかわいい。

  • 毎度のことながら、「わたし」の行動はおもしろい。
    助手との相性もばっちり。
    このシリーズを読んでいると、著者の考えがちらほら伺え、
    にまにましてしまう。

  • 妖精さんが多くなったので、お前出張なという物語と
    妖精さんが作った食べ物が知性を持ってしまったという物語で構成されています。

    成長に犠牲は絶対! というのがよくわかる前者ですね。
    楽するために、色々やっていったら結果的に自分の首を閉めてしまったと。
    そういった意味で起承転結がちゃんとしているのではと感じました。
    後者ですが、妖精さんのスペシャルさが引き起こすかもしれない物語!
    という感じですね。
    個人的に一番最後の飛び降り自殺するってのが発想として思い浮かばなかったです。
    そういうフラグは確かにありはしましたが、
    なぜこの娘が登場したのかな? ぐらいでした。
    きちんと登場人物たちというのは役目がやはりあるものです。

  • ギャグ風味なストーリーの中で、徐々に明らかになる妖精さんたちの生態。それを観察するだけでも楽しくなる。

  • 気楽なものが読みたかったので久々に。アニメになるんですか、これ。
    相変わらず脱力系SFに、毒素少々って感じがよいです。ある種の文明批判というか、人類の愚かさというか、そのあたりがそこはかとなく通底しているのですが、どうしても「妖精さん」になごまされてしまうので、読後感はほんわかとしてしまいます。

  • 不足と過密に悩まされる4巻。

    人間さん大好き!な妖精さんがかわいいv
    人間さんが好きすぎて恥ずかしいから、妖精さんは人前に出て来ないんだって。
    そう考えると、なんか素敵だなぁ

  • 技術の発展・ファンタジーな工場の生産ラインと経営陣。”これこそ人類は衰退しました”の象徴的なストーリーかと思う。

  • 1話目も勿論面白かったけど、2話目の冒頭のまさかの島スタートでつかまれまくり。だんだんと育っていく箱庭を眺める愉しさによって、小難しい話を意識せずに入り込める手管に完敗。ごっどせいぶざくいーん!
    あと、ショートもかわいいのになあw

  • 【再読】
    SF感薄めで読みやすかった巻。助手さんの絵本のオチがかなり好き。シンプルなネガティブ。
    「ひょうりゅうせいかつ」面白かった。「わたし」が国作りを提案した段階で危険な香りはプンプンしてたんだけど、やはりこうなったか。人口増加でイジメやストレス、移住して国を作るも環境破壊。意味深だけど、妖精さんの愛らしさに全て持っていかれる。少数でも多数でも可愛さ爆発。ただしたまにブラック。個人的に大臣の妖精さんが気になる。しょっちゅう交代してそうだな…笑。

全62件中 1 - 25件を表示

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)の作品紹介

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の"調停官"であるわたしのお仕事。里の娘さんがたからは、先生と呼ばれたりもしてます(恥ずい)。「妖精社」製の妙な品々が里に出回るのと前後して、走るチキンを目撃してしまったわたしは、祖父と助手さんとともに「妖精社」の工場視察に向かったのですが…。数か月でクスノキの里を、世界一の妖精人口過密地帯にしてしまったわたしの出張報告とともに、クニクニどうぞ。

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)のKindle版

人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)の文庫

ツイートする