時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)

  • 91人登録
  • 3.66評価
    • (5)
    • (10)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 水市恵
制作 : カズアキ 
  • 小学館 (2009年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511192

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • お金を払うか、時間を払うか。
    それによって不老不死が得られる商売。

    最初がなければ、短編集だろうかと思った事かと。
    回を重ねて行けば、そうではない事に気がつきますが。
    最後の最後で、ようやくの一言で
    人間関係のピースが当てはまりました。

    誰が軸なのか、何が軸なのか。
    後者ならば確実に答えられますが
    人となると…どうでしょう?w
    面白かった、というよりは、なるほど、という読後感。
    気になるのは、たこ焼きさんとサックスさんは
    関係を崩せたか、という事くらい?w

  • 最後のまとめ方が一巻目よりも好きです。結果的に人が救われる感じに終わったのでほっとできます。
    ただ、実は亀が顧客だったのはいいけどそこまでのエピソードは関連性があまりない感じがして物足りなかった。
    それと、筆者のくだりにもう少し内容があればいいなと。

  • 悲しい話なのですが、いつまでもグズグズするような後味の悪い物ではないのが不思議。

  • 結構すきなんだけどねー

    前巻同様にショートショートの内容が最後の章でまとまるタイプ

    今回のつながりは癌治療かなと思ってたかど、…

全5件中 1 - 5件を表示

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)の作品紹介

不老不死を必要とする者の前に、時間商人の助手は白猫を連れて現れる。世界的な経営者の長山豪介、献身的な新薬開発者の佐原修、姿をみせない公園の何者か。それぞれの理由から死を遅らせたいと願う彼らに提示される、時間商人トキタの契約。寿命か金銭を支払えば、トキタは特別な10年間を提供する。それは老いず、怪我や病気が進行せず、絶対に死なない「期間限定の不老不死」。トキタの店に足を踏み入れた人々は、数奇な運命に導かれていく-。

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする