コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)

  • 32人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 仮名堂アレ
  • 小学館 (2009年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511253

コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)の作品紹介

「良平さんはわたしとサナ姉、どちらともつきあっています。しかも同時進行で」大学受験を控え、天体観測部に顔を出すことも減った高校三年の秋。平良良平は、下駄箱にラブレターならぬ大学祭への招待状を受け取り、早希とともに早苗の待つ東京へ向かう。行く先々で、キス・カウンターの異名を取る宗像宗助、早苗にいいように使われている円谷円、平良家一族でネガティブ思考の公平ら、おかしな連中と知り合った良平は、なぜか早苗と早希のキスの権利をめぐってイケメンコンテストで争うことに。早希の見守る中、はたしてキスの行方は…。

コピーフェイスとカウンターガール 2 (ガガガ文庫)はこんなマンガです

ツイートする