マージナル 6 (ガガガ文庫)

  • 29人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 神崎紫電
制作 : kyo 
  • 小学館 (2009年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511505

マージナル 6 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 京也が憎い。
    彼さえいなければ二人は幸せになれたかもしれないのに。
    気が弱くて優しかった小夜歌をあそこまで追い詰めるなんて、人が人を殺すって相当のプレッシャーになるんだな、と思った。
    「人を殺して幸せになれるのか?」彼女たちの場合は幸せになれなかった。
    最後、京也はヴェルツェーニとしての側面も持ちながら、生きていくことになったのだろうか?
    小夜歌のその後は多少ご都合主義が過ぎるのではないだろうか?
    これで完結では少しモヤモヤが残る。

  • 今回はいちゃいちゃが足りない。どろどろ愛憎劇、お昼のフジテレビドラマ見てるようでした。

全2件中 1 - 2件を表示

神崎紫電の作品

マージナル 6 (ガガガ文庫)の作品紹介

堂坂音羽と春日井小夜歌はヒトを殺した。小夜歌を虐める継母を、協力して殺めた。完全犯罪は果たされ、わたしたちは愛を謳歌できるはずだった。しかしある日、摩弥京也と名乗る男が現れ事件について嗅ぎまわる。疑惑の目を逸らそうと画策するふたり。けれどじわじわと追い詰められるわたしたち-「音羽姉ぇ、あの人、殺そうよ」。意見は食いちがい、ぶつかりあう。そして自由を脅かす存在は、わたしたちの近くにもいた…。地獄へ向かう階段を転げ落ちていく、少女たちの物語。

マージナル 6 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする