リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 瑞智士記
制作 : 安倍 吉俊 
  • 小学館 (2009年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511604

リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 不死人ハカナシを巡る話の第2巻。
    時間軸としては前回からそのまま続きとなっているが、ストーリー的な繋がりはやや薄い。
    今回は前作では脇にまわっていた御室咲弥が主人公となります。一般人側の視線でハカナシにかかわる事件を見ています。

全1件中 1 - 1件を表示

リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)の作品紹介

呪われた不死者「ハカナシ」の事件から数日。ハカナシに拉致され、屈辱を味わった美貌の刑事・御室咲弥は、対ハカナシの兵器と人材を集める特殊機関・「L`A‐BAS」に配属される。そこでコンビを組むことになったのは、二刀流の使い手である17歳の少女・館花梨理だった。そして、血液を抜かれ、赤いリボンを薬指に巻かれた少女の死体が発見され、再び事件は始まった。心を閉ざしながらも、自らの運命に立ち向かう梨理と、正義と情熱に燃える咲弥のふたりを待ち受けるのは…!?少女達の宿命と絆が交錯する新エピソード。

リビングデッド・ファスナー・ロック2 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする