風に乗りて歩むもの (ガガガ文庫)

  • 55人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 原田宇陀児
制作 : ringo 
  • 小学館 (2009年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511758

風に乗りて歩むもの (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グラニットの姓って結局なんだったけ?

  • クトゥルフ要素あり

    最後のエピローグが蛇足で長すぎだったこと以外は割と好きだよ

  • 幼女とオッサンの逃亡劇。
    自分の中でこういう組み合わせは新鮮だったけど、アリだな。

  • 50搦みのおっさん主人公というそれだけであそことかあそことかのレーベルでは弾かれそうなお話

  • 意表を衝かれたが嫌いじゃない。でもマカロニ刑事はどうかと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

原田宇陀児の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紅玉 いづき
紅玉 いづき
有効な右矢印 無効な右矢印

風に乗りて歩むもの (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風に乗りて歩むもの (ガガガ文庫)の作品紹介

私立探偵兼タクシードライヴァのボギィは、旧知のアローニ警部からある東洋人少女の護送依頼を受ける。「行き先は言えない」と警部に言われ、毒舌を吐きながらボギィはその寡黙な少女を乗せ、とりあえずタクシーを走らせていると、突然、何者かの襲撃。少女は命を狙われている?なぜ…?少女は何も語らない。何もわからぬまま「見えない敵」から逃亡を続けるうちに、ふたりの間にはいつしか不思議な絆が芽生え始め…。原田宇陀児、渾身のオリジナル長編デビュー作。

ツイートする