人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)

  • 725人登録
  • 4.11評価
    • (79)
    • (90)
    • (43)
    • (3)
    • (2)
  • 63レビュー
著者 : 田中ロミオ
制作 : 山崎 透 
  • 小学館 (2010年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511833

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメでは思いがけず泣かされたおちゃかいの話、原作だと案外さらっと流されちゃうんですね。期待値が高かっただけに少し残念です。後半のSFC時代ちっくなダンジョン探索の話では、リアル妖精さんにショックを隠せず…たしかに現実的に描画したらそうだけど…そうだけど!!

  • こどもっていいね!

    なぜか分からないけど感動がある…妖精さんが優しいから?

    でも妖精さんってゴブリンなんだ…。

  • 「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」
    学舎時代の回顧物語。
    これまでと異なる趣きで、少し戸惑ったが、一番心に響く話だった。
    主人公の内面に重点を置き、人としての成長を描いている。
    人によっては感動で泣くのでは?

    「妖精さんたちの、いちにちいちじかん」
    ゲームネタ。
    どう見てもテトリスだったりインベーダだったり。
    ビット数云々、ポリゴン云々と、これはハマる人にはウケるだろう。

  • 978-4-09-451183-3 312p 2010・1・24 初版1刷

  • 7月22日読了。図書館。

  • シリーズ5巻目。
    私ちゃんの過去のお話と、ゲームの世界になっちゃうお話の2編。

    過去のお話が、なかなかほっこりするような終わり方をしていて、良いですね。
    かわいくてほんわかしてそうなのに、こういう話は少ないので。
    まぁ、途中結構きっついことも書いてますが(女学生の心闇?みたいな)。
    しかし、妖精さんが頭の中に入ってたのってちょっと怖いですよね…私ちゃん、抵抗なく受け止めすぎ…。

    後半の方は、正直自分がゲーム関係に明るくないので、元ネタがわからないのが多かったなぁ…。
    テトリスとぷよぷよくらいはわかりますが。
    それでもそれなりに楽しめました。
    最後にジャンルを美少女ゲームにしてた、助手さんの真意を問うてみたいところです(笑)。

  • 今回も2本立て。
    ひとつ、学園に入った頃。
    ひとつ、『人生』がゲームになった事。

    人見知りに、人と話すのが苦手となれば
    こうなるのかも…な状態。
    ここまできれいに一人で立っているふりができるのも
    ある種強さではあるかと思われます。
    張りぼてもの、ですが。
    でも確かにこういう状態に置いて、基本的には
    そういう落ちはよくあるパターン。
    むしろそっちではなく、拾った本について
    それ以上何も起こらなかった事に驚きです。
    てっきり乗りこまれブラフ? と思ったのですが。

    そして突如としてゲーム化する村。
    いや…これ色々混ざってますね? と
    ゲームをした人ならば、激しく突っ込めます。
    落ちものゲームに、グミの消えもの。
    ついでに昔懐かしの発射(?)ゲームまで。
    最後はRPGで終わるのかと思いきや…。
    まさかの落ちはそこですか! でしたし。
    という事は、ぴろりろりん♪ は好感度…。

  • わたしちゃんの学舎での生活。名前しか出ていなかった友人Yの正体が明らかになります。
    誰しも裏の顔を持つものですね。

  • 妖精さんのお茶会(学舎時代)
    ぼっちだったわたしちゃんが成長する話。
    女の子って怖いー以外にも色々ある話。
    ちょっと感動する。

    妖精さんのゲーム機
    すべてがゲームになってしまう妖精さんの作ったゲーム機の話。
    ゲームネタが満載のゲーム好きにはちまちまとした笑みを与えてくれる。
    私もレベルがあったら有効化したい。

  • ネットオフで購入。
    ・「リドル」とはなぞなぞのことらしい。
    ・p26のあたりやp41の自分のための場所さがしの話なんかは、ぼっち人生が長い自分にとっては身につまされる話だったわあ。

    ・2番目のお話はレトロゲー好きやファミコン世代にとってはたまらないのでは。

全63件中 1 - 10件を表示

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)の作品紹介

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の"調停官"であるわたしのお仕事。そしてこの仕事に就く前、多くの時間を過ごしたのが"学舎"と呼ばれる人類最後の教育機関です。寄宿舎で出会った友人たち。RYOBO230r。秘密の倶楽部・のばら会。感傷に浸るにはまだ早いのに、なぜ思い出すの…?里に現れた侵略者!奮還チームを組んで地下に潜ったわたしたち-死亡!?ピロリロリンでCONTINUE。

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)の文庫

人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする