クイックセーブ&ロード 3 (ガガガ文庫)

  • 65人登録
  • 3.80評価
    • (6)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 鮎川歩
制作 : 染谷 
  • 小学館 (2010年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094511949

クイックセーブ&ロード 3 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 突然主人公が記憶喪失からスタート。上手くまとまって終わってる。この巻では記憶が戻っても主人公が能力を使わない決意をしているので一度も能力が使われない。

  • 最終巻。なるほど、この方向性しかないだろう。

  • 好きなシリーズだったから、終わってしまうのは残念。でも3巻目も面白かった!ぐいぐい引き込まれて一気読み。主人公が自分の能力を使わずに話が進んでいくのも、今までと違う展開になって面白かった。好きなシリーズが続くのは嬉しいけど、自分の性格的には3巻ぐらいで終わるのがちょうどいいのかも、と思った巻でもあった(笑

  • 3部作としてみると、非常に面白い。傑作だと思う。

  • 1,2巻は主人公にイライラする場面が多々あったけど、それをひっくり返して、なおかつそれがあったからこその3巻での謎の感動。最高でした。

  •  2巻を飛ばして先に読んでしまったけど(ちなみに感想を書いているのは2巻を読んだ後)、記憶喪失になる展開で最終巻を締めくくったのはいい流れだったと思う。不自然ではなかったけど確実性がやや低い死に方を選んでいたのもこういう展開への伏線だったんでしょう。3巻完結というのは思っていたより短かったです。まあ最終刊なので言及しますが、どう考えても記憶を持ったままセーブした過去の時点からやり直しできるのはパラドックスを起こすと思うんですよね。未来の展開まで同じになるパラレルワールドにタイムリープできる能力なら可能か? まぁ説明が長くなるのでやめますけど。
     それにしたって、テストの成績程度で何度も死んでやりなおしていた潔人の気持ちは結局よくわかりませんでした。3巻目は2巻よりも更に死なない展開でしたし。それでも総じておもしろい(楽しい話じゃない)作品だったと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

クイックセーブ&ロード 3 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クイックセーブ&ロード 3 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クイックセーブ&ロード 3 (ガガガ文庫)の作品紹介

病院で目覚めた僕は、驚きの事実を告げられる。中学受験の日から、中学三年の夏休み前の事故までの記憶を失っていたのだ。周囲の反応に戸惑うばかりの日々。僕は過去の自分を探る過程で、奇妙な噂を聞く。それは「クイックセーブ&ロード」と呼ばれる、まるでゲームのような都合のいい魔法の話。学校で街で、魔法を信じた子どもたちが次々と命を落とす。そして噂は僕までも渦中に巻き込んで広がっていく…。生と死の狭間にいる少年の推理ロマン、いよいよ完結。

ツイートする