コップクラフト2 (ガガガ文庫)

  • 275人登録
  • 3.94評価
    • (23)
    • (47)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 賀東招二
制作 : 村田蓮爾 
  • 小学館 (2010年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512090

コップクラフト2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は2つの話。後の話のほうが好きかな。エロ本を初めて読んで赤面するティラナとか、車の恨みで暴走するマトバとか面白かった!w

  • コーヒーブレイク本。

    第2シーズンの日本放映を控えたドラマのノベライズを翻訳したと云う設定で執筆されたSFポリスノベルの第2巻(2010/06/23発行)。

  • 車の話のドタバタ感が好き。オチまでの謎の疾走感が実に痛快娯楽小説。

  • ★3.5
    前作よりも若干テンポが悪かったりヒロインに苛ついたり、おじさんと美少女!ってのを楽しめない流れだったなぁ。

    車好きなおじさんて、本当に愛娘の如く車を愛でるよね。

  • 2巻
     1話完結2編
      吸血鬼の話
      エロ本の話

     設定を生かしたアクションと2人の微妙な関係が描かれて、いい感じ。
     いい意味でも、悪い意味でも海外TVシリーズ風。
      ちょっと軽すぎる感じ。

  • ハードボイルド小説風昔気質の刑事とライトノベル的な異世界出身魔法剣士少女のバディ物。
    今回は短編2本、アクション物とコメディ物。
    刑事物的な落ち着きのある1巻と比べ、軽妙な会話や派手な展開が増えてきた。うん、賀東さんに求めてるのはこういうノリです。

  • シリーズ第二弾。
    安定してる。

  • 2010年6月当時の日記転載

    うぬ。期待どうりでしたw今回は1冊2話形式。
    刑事ものドラマらしく1話で1事件。

    つーか今回のイラストはティラナ可愛いすぎでしょww
    あとケイの顔がなんかちょっと変わってますw

    やっぱ汚い言葉の罵り合いがいいですねwテンポの良い掛け合いが洋刑事ものらしくて大好きですw
    10万ドルの恋人はケイの崩壊っぷりが見物wあ、ティラナも崩壊するな…w
    なんつーかこんなかんじで短編を沢山読みたいなぁw途中ダレたとしても、こいつらの絡み読めるならちょっとくらいダレてもいいやww



    3巻出るかなぁ?売れなきゃ出ないって話だけど…
    きっと出る!信じてる!つーかみんなも買ってww

  • 押収した棺桶から蘇った吸血鬼がサンテレサの街に解き放たれてしまう『忙しい夜』と、書籍窃盗事件を追う『10万ドルの恋人』を収録。

    『10万ドルの恋人』でのケイの受難は主に自業自得だよなー。
    最初にドアミラー吹っ飛ばされたのだけは完全に災難だったけど。

  • ファンタジーの入ったポリスアクション。海外ドラマみたいなノリで面白かった。
    ジマーがいい味出してて素晴らしい。
    車や武器もいろいろあって、特にマセラティクーペの描写はすごく乗りたくなった。
    ボーナストラックも面白い、ドラまたとかネタが、、

全28件中 1 - 10件を表示

賀東招二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コップクラフト2 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コップクラフト2 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コップクラフト2 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コップクラフト2 (ガガガ文庫)の作品紹介

サンテレサ市警に正式赴任したセマーニ人の美少女ティラナ。彼女の相棒となった敏腕刑事ケイ・マトバの日常は、手際よく行っていた犯罪捜査も、猫と静かに暮らしていたプライヴェートも、何もかもが一変してしまった。しかしそんなことは言ってられない。サンテレサは異世界への入り口、超空間ゲートと繋がる玄関口にあたる『夢の街』-地球人類には理解不可能な特殊犯罪が続発している!吸血鬼やらポルノ本窃盗団やら大忙しのポリスアクション、第2弾。

ツイートする