いばらの呪い師 2 (ガガガ文庫)

  • 16人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大谷久
制作 : 望月 朔 
  • 小学館 (2010年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512397

いばらの呪い師 2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • シスコンの兄とブラコンの妹のが織り成す異能力バトルの第2段

    絵師さんの描く風景がスゴク好きなのでつい2巻もてにしたのですが、やっぱりこの方が描く雲は素敵ですね。
    その部分は満足です。

    内容の方はせっかくの異能バトルなのに会話で戦う描写が多いのでテンポが悪い。
    それと主人公補正が強いためちょっと冷めてしまいます。
    せっかくのブラコン、シスコンのいい設定があるんだからもっとこの辺を活かす展開を期待したかったなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

いばらの呪い師 2 (ガガガ文庫)の作品紹介

突如、帝都を襲う連続放火事件!時を同じくして失踪した炎を操る呪い師。その名は病葉夕日-。連続放火事件の容疑者にしたてあげられた愛しい妹、夕日ちゃんを救うため、僕・病葉久郎は事件解決へと乗り出した。だけど…僕まで指名手配されるはめに!僕は夕日ちゃんを見つけ出し、帝都を燃やし尽くそうと企てる犯人を倒すことができるだろうか!?行く先々で立ちはだかるのは未知なる存在"妖精"、呪い師を目の敵にする科学の結晶"電人刑事"、脱獄した異能力犯罪者・募場博士!帝都系異能バトル第2弾。

いばらの呪い師 2 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする