やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)

  • 1012人登録
  • 3.99評価
    • (85)
    • (166)
    • (82)
    • (3)
    • (0)
  • 84レビュー
著者 : 渡航
制作 : ぽんかん⑧ 
  • 小学館 (2011年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512861

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • グループと兄妹と姉弟の話。川崎沙希に関する依頼がメイン。章と章の間に挟まれるメールでのやりとりは面白いが、由比ヶ浜の多用しているショボンの顔文字が煽っているようにみえてしまうのはネットに毒されているせいか

  • 葉山・川崎の話

  • 極めてくだらなくも重箱の隅をつつくなら、由比ヶ浜さんのその扱いは、それじゃこの高校に合格できなくない?みたいな?そういう疑問を抱いてしまうほどだよ。かわいそうじゃん。なんてね。
    もちろん、彼女も彼女なりに不器用なところを抱えていて大変なのはわかるんだけど、雪乃の重症ぶりのほうがずっと気になるのでどうしても贔屓目に見てしまうのだよねぇ。ということで許して欲しい。
    それと、リア充爆発しろと発端でぶち上げる割に、リア充も悩んだりするし、良いやつだったりもすると描くのはとても好感が持てます。でも、作者に好感が持てるってのは、小説として成功していると言えるのかどうかという点は、留保させていただきます。

  • 序盤は小ネタやパロディーネタをじわじわジャブのようにしつこく使い揺さぶってくる。そして最後、主人公の巻き起こす衝撃の結末は右ストレートを放ちノックアウトされる感覚に近い。このやみつきになる構成は一巻同様二巻も健在だ。萌えより高校生独特のキャラクターを描いているラノベだと思う。

  • 主人公よりの人間なので、トラウマをかなりえぐられる。最後の2pとか正直ヤバい。
    前巻もえぐられたが、今巻のえぐりようは軽く1日のパワーを削がれる程。
    こういうタイプはやりようによってはぼっちって避けれるんだけど、正直そこまでの勇気が沸かないんです。人間関係の間合いも凄く距離を取るし。

    この作品のどのキャラに共感を覚えるかによって、評価が変わる作品。

  • 彩加!彩加!!

  • 彩加かわいいよ彩加。彩加だけ出してりゃいんじゃね?

  • なんとも言えず、八幡、雪乃の闇の深さを感じさせる巻。殊に八幡。中学時代に一度振られたくらいで、ラスト近くの「優しい女の子は嫌いだ」とはならない筈。つまり、何か別のことがあると予想してしまう。そして、いくらなんでも結衣の心のうちに気づいていないとは言わせない。彼は、回避しているのだ、何かを。それが何かはまだ判らないが、実に楽しみである(しかし、「101回目のプロポーズ」とは隔世の感)。あと、何気に葉山の性格描写を伺わせるエピソードが挿入されている。ハーレム展開は嫌なので、是非彼には頑張ってほしい。

  • 図書館で。
    ヒキガヤ君は若干被害妄想が強いというか自意識過剰のような気もするけど誰だってイヤな思いは二度も三度もしたくないから過剰反応してしまうのもわかる。アレは彼の自己防衛なんだろうなぁ。

    それにしても千葉県民としては色々とニヤリとする事が多くて面白い。でもMAXコーヒーって自分飲んだことないな…ってコーヒーあまり飲まないけど。
    県内有数の進学校という割には由比ヶ浜さんのオツムの残念さはどうなんだろう。あの子は理数系が強いとかそう言うオチなんだろうか?

  • 相変わらずの高校生だけど、ラストは涙出るよ ちょっと辛い

  • だから、一番近い他人というのはなかなか言い得て妙だと思うのだ。
    一番近いのに他人で、他人だけど一番近い。
    (p242)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    生徒たちの万悩み相談所にして、
    「残念な青春」の隔離病棟こと奉仕部。
    テニスコートでの一件いらい部員(?)もふえたが、
    あいかわらず比企谷八幡はぼっちである。

    中間試験と会社見学という微妙なイベント迫るなか、
    奉仕部には「似つかわしくない」相談者が現れ、
    さらに、目に入れても痛くない妹・小町にまさかの彼氏が⁉

    それぞれがそれぞれの「思い」を秘めながら、
    奉仕部+αが千葉狭しと迷走する第二巻!

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    1巻の熱いテニス勝負ですっかり忘れていたのだが、
    これって基本的に「悩み」を解決するお話だったのな。

    きょうだいやら犬猫やら、
    今後に関わってきそうな言葉もでてきて、期待が高まる2巻でした。

    ところで。
    雪ノ下の毒舌すらもかすませる、
    由比ヶ浜さんのあほ可愛さ恐るべし…

    そして一番ウケたのはヒエログリフのくだりである。
     それではっ

  • ここんとこアニメとラノベとコミックしか目にしてないけど、、ま~いいか。プロローグから、ぼっち八幡の職場見学希望調査票のつかみがいい。たしかにチー君なら、こんな回答書くのもありえる。その後もずっとなんだか、チー君の脳内リーディングしてる気分だ。働かない、めんどくさい、HR大嫌い、ラーメン大好き、甘々コーヒー、サイゼでドリア、私立文系進学。。。そんな折、イケメンリア充の葉山君とも仲間になってしまうご都合展開に。そして予想通り川崎が登場するもわりと真面目オチ。ところで、入学式で助けたワンコの飼主は戸塚くんと思ってたら、由比ヶ浜だったんだ。それあたりまえすぎるだろ~。で、次巻から三角ラブコメ&家庭の事情編に突入ってことか。。商魂たくましいけど、たしかに読んじゃうな。とはいえ、それでもチー君、やはり君の毎晩寝落ちはまちがっている。

  • 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」
    TBS 毎週木曜25:46~
    キャスト:江口拓也、早見沙織、東山奈央、小松未可子、檜山修之
    http://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/

  • 2巻は初登場、川崎沙希の問題を解決するのがメインの流れ。

     1巻から読んできたが、この小説、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』と言いながらも、けっこう青春ラブコメしてるところがちょっとニクい。今回はなんといっても、八幡自身は気づいていない(または、気づかないようにしている)が、八幡のことが気になっているのが態度に出まくっている由比ヶ浜結衣ちゃんがめちゃくちゃ可愛いのである。

     特段面白い出来事や、芸術的なクライマックスが待ってるわけでもない。しかし、文章が読みやすいことと、話の引き方がうまいのだろう。不思議と続きが気になってついつい読み進めてしまう中毒性がある。

     本文で多用される20代後半ネタと、主人公の八幡の意見に少しでも共感できるかどうか。このあたりが、作品を楽しめるかどうかの分水嶺であると思う。

  • この小説、はまちとか俺ガイルとかすごい略し方だなって笑った
    ヒッキー轢いたリムジンってもしや…と思うのだけどどうなのだろう

  • 相変わらずの比企谷くんのボッチ脳最高(笑)
    なんだかんだで青春してるよね。
    小町ちゃんがいいキャラしてました。

  • 1巻に比べると少し勢いが落ちたけど、引き続き面白い。「スクライド」ネタには私は分かりませんでした。。。

  • 確かにこの作品は今まで読んできたラノベとは毛色が違う。

  • 最初の方は一巻の続きのような人物にスポットを当てた話。
    主人公、八幡と同じ?ぼっちである川崎沙希と八幡の妹小町、スクールカースト最上位に位置する葉山隼人たちの話。
    雪乃がスクールカースト最上位のメンバーそれぞれを「騒ぐだけしか能がないお調子者」「反応が鈍いうえに優柔不断」「人の顔色を窺う風見鶏」と評したのが個人的にとても面白かった。問題の解決方法も八幡らしい少し屈折したもので感心してしまった。

    2巻の一番の読みどころは後半、というかラストだろう。
    由比ヶ浜結衣の優しさは本物であるが、その優しさを疑ってしまう。実際、同じような優しさに惑わされてしまった人も少なくないだろう。
    そういった点でとてもリアリティのある作品だ。

  • 最後の数ページの展開が良かった。なんだ、間違って無いじゃないか。そうなると、この小説のテーマから外れてしまう。今後の展開に期待。間違っていて欲しいな。

  • 今回の巻は面白かった。
    一部納得出来ないトコもあるものの、大筋では面白いといって良いと思う。
    次巻も読んでみようと思わせる出来。

  • 期待はずれ。
    友人に面白いから!と押しつけられたので折角だから読んでみたのですが…

    絵に関して、塗りは綺麗ですがデ狂い気味。キャラの描きわけがわかりづらい。

    話の中身に関して。つまらないといっていいかはわからないけど退屈でした。はがないに似てるけどはがないの方がマシかな?文章力はこっちの方があるかもしれないけど。あとパロディ要素多いししかもそれがつまらない。ギャグ気味の部分とか壊滅的。
    ただ幕間のメールっぽいところはわりと面白い。


    キャラについて。名前が覚えづらい。そこまで人数が多くないからごちゃのちゃにはならないけど、ヒロインの名前は?と問われると浮かんでこない。彩加くんは「実は女だ」ってされそうで心配。主人公に対しての反応が女っぽくて…。ホモなのか?妹は性格悪そうだな、と感じました。ちなみに主人公はラノベ主人公にありがちなシスコンです。妹のどこがかわいいとかなく、妹に近づく男は許さないって描写だけなので妹さんを好きになれそうもない。あとメインヒロイン二人は若干キャラが被り気味ではないだろうか。先生かわいい。

    まあ、これは二巻だけを読んだ感想なので。今後一巻を読んだらまた感想がかわるかもしれない。

  • 11刷2013/03/20カバーの図書コードが、C0195になってました。C0193が正しいかと。奉仕部は、「特攻野郎Aチーム」みたいに依頼を解決していくライン。リア充ライフへのあこがれと忌避に揺れ動く八幡ライン。以上の2本ラインで行くのではないかと。川崎の不良化というのは遅刻と服装と考えると、あとでわかるバイトの目的を考えると、服装は余計ですよね。まあ、心の叫びを表現したかったのかと思いますけど。

全84件中 1 - 25件を表示

渡航の作品一覧

渡航の作品ランキング・新刊情報

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)の作品紹介

美少女ふたりと部活をしても、ラブコメ展開にはちっともならない。携帯アドレス交換しても、メールの返事が返ってこない。とっても可愛いあのコは男子。個性という名の残念さをそれぞれ抱え、相変わらずリア充の欠片もない0点の学校生活を送る奉仕部の部員たち-冷血な完璧美少女・雪乃、見た目ビッチの天然少女・結衣、そして「ひねくれぼっち」では右に出るもののいない八幡。そんな青春の隔離病棟・奉仕部に初めて事件な依頼が飛び込んで-?八幡の妹・小町、新キャラも登場の第二弾。俺の青春のダメさが今、加速する-。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする