羽月莉音の帝国 8 (ガガガ文庫)

  • 123人登録
  • 4.10評価
    • (13)
    • (18)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 至道流星
  • 小学館 (2011年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512908

羽月莉音の帝国 8 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

全9件中 1 - 9件を表示

羽月莉音の帝国 8 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羽月莉音の帝国 8 (ガガガ文庫)の作品紹介

ロシア大統領プチロフは莉音に銃を向け、引き金に手をかけた。経済戦争になんとか勝利した俺たちは、誘拐された莉音の父・一馬を返してもらうため、手打ちをしにプチロフの元へ向かったのだが…。さらにはアメリカ有力紙の敏腕記者が革命部の資金繰りが火の車であることを嗅ぎつけて、その実態を明らかにしようと取材を申し込んでくる。目下の危機を回避するには数百兆円を捻出し、実態を隠し続けなければならない。相も変わらずガケっぷちな俺たちだったが、ついに究極の起死回生の手段を、なんと恒太が思いつく!-。

ツイートする