GJ部(9) (ガガガ文庫)

  • 117人登録
  • 4.38評価
    • (15)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 新木伸
制作 : あるや 
  • 小学館 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512922

GJ部(9) (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 見事な幕引き。
    最後まで雰囲気を崩さないで見事に最終回を迎えましたね。
    別な形ではあるけど続くようなので一安心。

  • なんかラストに来てクオリティ落ちた!!

    うーん、なんだろ。
    悪いってほどでもなかったんだけど、
    いつもの楽しさは少なかったかな?

    はなぢ店長といい、作者的に弾切れか?w

  • こんなにゆったりと楽しいライトノベルは、世間にはあるのかもしれないですけど読んだことがなかったです。
    中等部なんかどうでもいいよとためらいなく言えるくらいには元祖GJ部のキャラクターは魅力的で、また何らかの形で彼らの物語を読めればいいなと思います。
    しかしそんなどうでもいい中等部なのに、書店で見かけたら買ってしまうのが世の中の怖いところ。

  • 最終巻。変わらずまったりした内容でした。そしてシスターズの中等部編が開始だとか。

  • 完結。卒業おめでとう。別枠が始まるけど、こちらは一段落ですね。最終巻といってもゆるふわ感はいつも通りで。過去の登場人物も一通り出てきた感じだし、“第四段階”や真央のラストなど封印が解けたりと盛り沢山でした。最後は少ししんみりしたけど笑って終われるのがこの作品らしいですよね。中等部編も「中等部組視点から見たシスター・ブラザーズ」登場にも期待します。楽しく気楽に読めるいい作品でした。新木さんありがとう。『はなぢ店長』は読んだし『家族砲』も読んでみるかな…

全6件中 1 - 6件を表示

GJ部(9) (ガガガ文庫)に関連するまとめ

GJ部(9) (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GJ部(9) (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GJ部(9) (ガガガ文庫)の作品紹介

いつもの放課後、いつもの昼休み。四ノ宮京夜は、いつものように部室の扉を開けた。チビッコだけれど噛みまくり、部長の真央。博識でゲームの天才なのに、常識知らずの紫音さん。無口でお肉大好き、ミステリアスな綺羅々。その笑顔は万人を救う!?ティータイムマスター恵ちゃん。いつでもマイペース、「モエモエ」な一年生のタマこと環。そんな個性的な五人の彼女たちとの、ゆるふわな時間。いつもよりすこしだけ、ゆっくり進むひととき。真央、紫音、綺羅々たち三年生の卒業とともに、四コマ小説「GJ部」完結です。

GJ部(9) (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする