ドラゴンライズ (ガガガ文庫)

  • 41人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 水市恵
制作 : 029 
  • 小学館 (2011年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512953

ドラゴンライズ (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドラゴンが昇るんじゃなくてドラゴンの嘘的なアレ.
    そこそこ面白かったよ.
    でもアレだな.
    三匹の中級竜たちが噛ませすぎて….
    メイン(?)の嘘が直ぐにわかっちゃうのもちょっと残念?

    因縁の敵を倒しきれずに痛み分けたわけですが
    今後どうなるんだろうね?

  • 王道系ファンタジー
    絵もかわいい
    内容もなかなかしっかりしてたと思う

  • 正統派やけど盛り上がりに欠けるな。
    主人公のネタバラしが早すぎたんやろか。

  • ドラゴン退治ファンタジー.ラノベらしいドキッな描写もあるものの,正統派な流れ.フレイクが思ったよりもヘタレじゃないというか,むしろ半人前を認めて努力しているところがよい.王都までまだたどり着いてないところを見ると,王都凱旋までにもうちょい波乱はある? カーネスとの今後も含めて,続きが楽しみ.

全4件中 1 - 4件を表示

ドラゴンライズ (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴンライズ (ガガガ文庫)の作品紹介

ここは竜と人とが争いを繰り返す、剣と魔法の世界。背は小さいが凄腕の剣士であるノラと、天然ボケだが気立てのいい天才魔道師のアイは美人姉妹。そして、かつて姉妹に命を助けられた半人前剣士のフレイク…たった三人のギルド・グライズは、姉妹の圧倒的な戦闘能力ゆえ、周囲にその名をとどろかす存在だった。ある日、グライズに、カーネスという少女を警護し王都まで無事届けてほしいという依頼が舞い込む。無口で謎の多い少女カーネスに隠された秘密とは?さらに、絶え間なく襲いかかる竜の群れに3人はどう立ち向かう!?驚愕の展開が待ち受ける、異世界ファンタジーアクション開幕。

ドラゴンライズ (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする