人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)

  • 880人登録
  • 3.91評価
    • (80)
    • (103)
    • (59)
    • (13)
    • (6)
  • 69レビュー
著者 : 田中ロミオ
制作 : 戸部 淑 
  • 小学館 (2011年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 妖精さんがかわいい。

  • めずらしくアニメのほうが好きな作品。

    内容はタイトル通り衰退した人類を描くSFスペクタクル・ストーリー。
    キャラクターがとにかく個性豊かで、中でも“妖精さん”はひたすらに可愛い。ともすれば退廃的な空気になりそうな舞台設定にも関わらずま~ったりの~んびりしているのは登場人物たちの緊張感の無さ故か。
    スナップの利いたブラックユーモアと小難しい言い回しの割に中身のない文面が読んでいて楽しかった。

  • 人類が衰退し、新人類として現れた妖精さん。その愛らしい外見と話し方とは裏腹にその生産力と増殖・減退力は恐るべきものです。主人公である゛わたし゛が巻き込まれ、振り回されることもしばしば。この不思議なワールド、これからも目が離せません。

  • 人類が衰退し、妖精さんたちが新人類として生息している地球が舞台。
    「楽でクリエイティブな仕事ください」とか言う主人公ちゃんも相当緩いが、そのお仕事相手(?)観察相手(?)の妖精さんたちは更に緩い。
    緩いし、ぽやぽやしていて可愛いです。
    ちくわ氏、すんごい和む。

    特に大きな事件もなく、力を抜いてのんびり読むには最適。
    癒されますよ。

  • アニメに嵌まり、原作を購入しました。アニメも面白いけど原作も面白い・・・!独特の世界観、文章が好みで一気に読めてしまいました。イラストもかわいいです。

  • 妖精さん可愛いです

  • ほわほわした感じの本。
    挿絵もかわいい。
    ブラックジョークもあって面白かった。
    妖精さんがとてもかわいい。
    ほんわかしたい時にオススメかな。

  •  タイトルは聞いたことがありつつも読んでいなかったが、アニメOPを聴く機会があり心に残ったので原作に挑むことにした。アニメは多分その後に。

     前知識ゼロで読みだしたためこの先どうなるか全く分からないけど、1巻読んだ段階だと世界史のパロディみたいに原始時代から現代までを追いかけるパロディみたいになるのかな?と感じた。高校世界史の教科書とユーモアと皮肉でトッピングしたような面白さ。
     妖精というド直球のファンタジーはあるけれど、それを科学的に見つめる祖父の存在。SF、それに付随する哲学臭さも併せ持つ、(自分が読んだ)2000年代後半のライトノベルの馨りが鼻腔をくすぐる。

     2010年前後のラノベへのノスタルジーに陥ってしまいそうだけど、ノスタルジーに留まらない何かをこの作品から受け取ることができたら嬉しい。

  • 高度に発達した文明華やかなりし時は去り、人類はゆっくりとした衰退期を迎えていた。その人間たちに代わって、地球の「人類」の名を与えられているのは、妖精さんたち。彼らの生態は旧人類の常識とは隔絶している。そんな時代に、今や新旧人類の間を取り持つ機関となった国連の調停官として、主人公の「わたし」は故郷のクスノキの里に帰ってきた。調停官事務所の所長である祖父の下、妖精さんたちとの交流が始まる。

    1巻には、「妖精さんたちの、ちきゅう」、「妖精さんの、あけぼの」を収録。

    友人に薦められて読んだのだけど、だんだん引きこまれていって、途中から最終巻までは一気に読んでしまった。独特の世界感。イラストも良い。

  • 「妖精さんたちの、ちきゅう」
    調停官としての初仕事。
    妖精さんとは何者なのか、謎が多すぎる…。
    そういえば、名前を貰ったあの四人は今後も登場するのかな。

    「妖精さんたちの、あけぼの」
    歴史を辿るペーパークラフト。
    彼らは一体どのタイミングで作られたのだろう。
    そしてどうやって進化していったのか気になるな…。

    「四月期報告」
    あのペーパークラフト達はまだ残っているのか…。
    出会っても害は無いだろうが、この後まだ進化を続けていってしまうことは無いのだろうか。

  • これは今まで読んでいなかったことを全力で後悔しました。

    この世界観、設定、妖精さんの言動に潜むサイエンス・フィクションの美味しいところだけ持ってきて作ったデザートのような奇想が実に素晴らしい。

    お菓子のような冗談のような作風で、それが超科学を持ちながら「ゆめとげんじつのあわい」に棲息しお菓子が大好きで暢気なヘンテコ新人類「妖精さん」の設定にマッチしているんですね。

    人物造形はいわゆるライトノベル的なゆるい感じなのですが、しかしギリギリのところで紋切型でもない感じです。

    「失われし未来史」みたいな話が好きな人とか、ユクスキュルやローレンツが好きな人とか(2巻)、人類学や民俗学が好きな人なんかには相当ヒットする内容かと思います。

  • 妖精の生態を知っていく”わたし”さんと妖精のお話。
    雰囲気や世界観は違うのにどことなくキノの旅を思い浮かべてしまった。
    物事に対する皮肉な捉え方をするキャラ達にくすりとくる。

  • アニメが好きでたまらなくて原作を購入。
    アニメを見てたせいか、妖精さんのセリフ一つ一つがすごく可愛い。
    アニメで省かれていた部分も読め、とても楽しかったです。
    本の端々に可愛いイラストがあって和みました。(笑)

  • サクサク・タンタンと話が進むので読んでいて心地よい。

  • 人類が衰退した未来
    はびこるなぞのメルヘン妖精

    彼らは一体・・!?
    みたいな

    面白くない~~
    わたしだけ・・?

    ラノベだけどいわゆるラノベ要素がまったくないめずらしい小説
    2巻以降おもしろくなるのかな~

  • 面白くなる要素なんて何処にもないと思う。
    そのはずなのにとても面白い。
    これは、全てキャラクターの効果によるものだというしかない。
    世界観としては、かなりガチのSFで理論的にも複雑なものを垣間見ることが出来る。バックボーンに人間の新化の歴史を知識として持っているからこそ描ける世界のはず。

    なのに、緩い。メチャ緩い。
    人類、いや人間が絶滅しようかという時代なのに、のほほーんと生きているようにしか見えない主人公。この語り口調が妙に独特で、それでいて和ませてくれる。

    何処にたどり着くのか見えてこないが、このニュルっとした世界にずっとどっぷりと浸かっていたくなる。そんなこと間違い無しだ。

  • わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の"調停官"となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっさく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが……。
    田中ロミオ、新境地に挑む作家デビュー作。

  • 目の付け所がとっても面白い。荒廃した世界観のはずなのにあっけらかんとしていて、かつ、不思議な存在がいて、自由な雰囲気がする。
    女の子の主人公の、語彙の多さに比例しない、やる気のなさと、でも真面目に仕事に向き合いたいようなかんじが、とても不快だった。態度がいまいちわからない。

    続けて読むことをためらいました。

  • アニメからずっと気になっていて購入。
    妖精さん本当かわいい。

  • 誰かが何かでオススメしてたのを聞いて面白そうだと思ってAmazonでチェックしていて買ったんだけど、その時のオススメ文句の何が気に入ったのかは思い出せないまま読み終わって普通に面白かった

  • アニメから入った。ほのぼのとした雰囲気の中にあるシュールさがたまらない。

  • 913.6 タ (1) 登録番号10292
    生徒リクエスト

  • 冒頭を読んでやはりあまり面白くなさそうと感じた。/けれど、読んでいくうちに面白い箇所もチラホラ・・・。

  • 電子書籍版読了.

    テキストの形式っていうか,流れみたいのが,非常にライターさんっぽい.ファンタジー…と言っていいのだろうか.
    良作ではあるんだろうけど,自分が求めているものとは違った,という印象.

    人類が地球の頂点に立つことをやめ,衰退していく,ということからイメージしたSF的要素とは異なった緩さが,ディストピア脳と合わなかったのかもしれない.

    感想に関しては,読むときの体調も影響してそうだけど.

全69件中 1 - 25件を表示

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)に関連するまとめ

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)の作品紹介

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の"調停官"となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが…。田中ロミオ、新境地に挑む作家デビュー作。

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする