ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)

  • 151人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (9)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 日日日
制作 : 左 
  • 小学館 (2011年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513110

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • クトゥルー神話ってこんな感じなんですね。

    ついにラスボス登場です。

  • たまが、、宇宙まで届いてほしい、、想いは笑いました。未知なるものに会いたかったのですか、本当に。

  •  おぞましさという点では、シリーズでも屈指の巻かもしれない。特に最後のおぞましさは素晴らしく、展開も激動。続巻に期待が持てるところである。
     ただ、個人的にはようやくスポットの当たった布津野弥火さんが本当にかわいそうな役どころで、普通に胸が痛かった。先々の巻で良い目を見られることに期待したい。

  • クトゥルー神話回。情雨ちゃん@がんばる。しかし、いつの間にか完全にデレてるなぁ。

  • “否、それは奇妙に蠕動した地面から屹立した、無数の——触手だった。
    蛸や烏賊のような、けれどそれにしても妙にでかい——人間の腕ほどのものから、丸太ほどのものまである。
    先端に棘々がびっしりと生えたもの、繊毛に覆われたもの、無数のそれが縒りあわさったもの、得体のしれぬ粘液で濡れたもの……。
    それらの触手に絡みつかれ、闇の奥ではわたしたちより先にこの悪夢じみた世界に迷いこんだのだろう生徒たちが、屍体のように吊りさげられて陳列されている……。
    「触手プレイ、キター!」
    つるぎが頭の悪いことを叫んだ。
    「これだよ、これがなくちゃなクトゥルー神話は!さぁこい!待ってました!」
    何でそんなに嬉しそうなの?馬鹿なの?死ぬの?
    「やん、リアル触手なんて初めて見た——思ったより、その、太くて、こ、怖いよう……きゃ〜☆お兄ちゃんのえっちな触手でつるぎにいけない遊びを教えてぇええん♪♪♪」
    真っ赤になって身悶えてるが、そんな場合かこれ。”[P.177]

    クトゥルー神話とTRPG。

    “「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん!馬鹿!何が『頼まれたことは、果たせたと思います』だ!『ささみさんはもう、自分で立って歩けますよ』だ!」
    『現代のトロイア戦争』の終幕で、お兄ちゃんが言ったことを、反芻して。
    「ふざけんな!勝手にいなくならないでよ、ひとりで結論ださないでよ!わたしは、まだぜんぜん自立できない、だめで、未熟で——甘えたいよ!頼りたいよ、独りじゃ何もできないよ!だから、置いてかないでよ……寂しいよ!もっとお兄ちゃんと一緒にいたいよ!」
    ずっと溜めこんでいた弱音を、ぜんぶ吐きだした。
    がんばってがんばってがんばって、何もできなくて、失敗ばかりで、泣いてばかりで——でも、それじゃいけないって、努力して死にものぐるいで、でも苦しかったよ。
    限界だよ。
    もう、無理なんてしたくないよ。
    「ごめんなさい、鎖々美さん」
    お兄ちゃんは困ったように、素顔を晒したまま、つぶやいた。”[P.280]

  • わたしは、主人公なんかじゃ、ない――。
    お兄ちゃんのためにすべてを捨てて漂う「神様」となったささみさん、そして、代わりに「普通の日常」を送る日留女。いびつな日常に這いよるのは、新学期の行事「邪神オリエンテーリング」??
    誰かの代わりの人生であることに気づき始めた日留女、うさぎさんに憑依してのんきに暮らすささみさん、そしてささみさんのライバルでありながら、宿命の敵である情雨……。運命と陰謀に利用されているのは誰なのか。
    春を迎え、三年生編に突入するシリーズ第7弾、ついにある謎が明らかに!

    (読了:2012/05/04)

  • 全然ライトじゃないノベルだぜ。少年漫画的な青年漫画みたいな感じかな。
    なかなか一筋縄ではいかないし一枚岩でもないしなんか真のラスボスさんはなんか究極体というか完全体になっちゃいそうだしもう勝ち目見えないし絶望的って感じだしどうなっちゃうのこれー!って感じ。
    構成が上手だなぁ。
    ネタの仕込みも上手い。

    「平和な日常」へはまだまだ遠いですなぁ……。

  • クトゥル好きなので、この巻は特に楽しめました。
    SAN値の下がったささみさんサイテーだけど、サイコーです。

  • 日本神話、ギリシャ神話、インド神話、ときて今回はクトゥルー神話。
    1巻を読み始めたときはちょっと読みにくいかなぁとおもっていたけれど、巻を進めるたびにだんだん、じわじわボディーブローの用に面白くなってくる。今巻でとりあえず2部的な部分が完結しました。いよいよ3部ラスボス登場で、次巻への期待が高まります。
    アニメ化も決定したようなので、今後も目がはなせない作品になりそうです。

  • 今度はクトゥルー神話。前回少なかった感のあるささみとかがみの絡みが豊富だったので俺得。

    多少は神話に詳しいつもりだったけどこの話はバンバン知らない話が出てくるので楽しいです。

    そしてアニメ化!!かがみとの絡みをアニメで見れる!!合法ロリなつるぎにも期待。

  • アニメ化おめでとう!漫画化もドラマCD化もすっ飛ばして、まさかアニメ化とは。制作会社は?放送局は?下手な作画で2局くらいしか放送されないくらいなら、いっそアニメにならない方がいいんだけど。有名になって色んな人が知ってくれればいいけど、不安だな~。続報を待つ。
    日留女に身体を譲り、ふわふわとした神様として過ごす鎖々美さん。肉ちゃんの身体に入り、かがみや情雨ときゃっきゃうふふな触れ合いをする場面にニヤニヤした。その後は、シリアス展開。たまとアラハバキ首領のパパが作った、クトゥルー神話がベースで学園が舞台のTRPGに翻弄される。ふざけたシーンもあるけれど、基本はシリアスベース。最後のシーンより次巻もシリアスになりそう。うーん、いいんだけど、もっと日常系の小話を楽しみたいなぁ。

全11件中 1 - 11件を表示

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)の作品紹介

わたしは、主人公なんかじゃ、ない-。お兄ちゃんのためにすべてを捨てて漂う「神様」となったささみさん、そして、代わりに「普通の日常」を送る日留女。いびつな日常に這い寄るのは、新学期の行事「邪神オリエンテーリング」??誰かの代わりの人生であることに気づき始めた日留女、うさぎさんに憑依してのんきに暮らすささみさん、そしてささみさんのライバルでありながら、宿命の敵である情雨…。運命と陰謀に利用されているのは誰なのか。春を迎え、三年生編に突入するシリーズ第7弾。ついにある謎が明らかに。

ささみさん@がんばらない 7 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする