武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)

  • 58人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 陸凡鳥
制作 : 秋谷 有紀恵  亀谷 響子 他 
  • 小学館 (2011年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513134

武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784094513134 319p 2011・12・22 初版1刷

  • 以外にもキャラ重視ではなくストーリー重視だった。
    刑事物のストーリーに上手く神姫を取り込んでると思う。
    他のメディアミックス作品はアニメしか知らないが、アニメにしてもこの小説にしても神姫は玩具と言うより人間の良き隣人という風に感じられた。

  • 面白かった。
    架空の技術に対する法規制とかの話って、リアリティを持たせてくれるので好き。
    ダンボール戦機もだけど基本的に法規制甘すぎなんじゃねえの?!

全3件中 1 - 3件を表示

陸凡鳥の作品

武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武装神姫 LOST DAYS (ガガガ文庫)の作品紹介

西暦2039年-。ひとりの男が事故死した。事件の担当刑事・神宮司八郎の前に現れたのは、"神姫"と呼ばれる全高15cmの少女型ロボット。死んだ男のパートナーだったと主張する彼女、メイリーとともに、事件の裏に隠された真相を求めて捜査を開始したものの、神宮司はメイリーのわがままに振り回されっぱなし。衝突を重ねながらも危険と謎を乗り越え、次第に信頼関係を築いていく二人だったが…。ゲーム、アニメ、コミックと世界を拡張し続ける人気アクションフィギュアシリーズ「武装神姫」を完全オリジナルストーリーで小説化。

ツイートする