ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)

  • 111人登録
  • 3.62評価
    • (7)
    • (12)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 荒川工
制作 : くまおり 純 
  • 小学館 (2011年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513158

ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライトノベルを超える!と某所でみかけて期待しすぎたみたい。
    軽く読めます。まぁ、オチはわかりやすいというか。それ以外に考えようがないというか。

    オバちゃん世代は逆タッチじゃん、と思いました。

  • 双子と友達以上恋人未満な関係でモニョモニョしてたら
    双子の片割れが事故で記憶喪失に.

    そんな感じの恋話.

    サブタイトルは日付で統一.
    そして話が行ったり来たり.
    この手法ってば苦手なんだよなぁ….

    本の前から後ろに時間が経過して行ってくれないと.
    途中で「あっちがああなってたときこっちではこんなことが」
    って流れならそれほどキライじゃないんだけとも.

  • 何とも言えないラストだったなと思います。

    スッキリ終わるお話が好きなので、

    消化不良と言いますか。

  • 時系列が入り組んで読み進めながら再構成していく中で世界がつながり、エピローグはプロローグへと繋がる。そしていたたまれない気持ちと、世界の果てに思いを巡らす。ライトではないライトノベル。今年読んだ小説の中で一番の作品。

  • キーワードは「記憶喪失」「三角関係」「双子」「不自然」。一般小説でもいける内容だと思う。喪失感のある、この感じは好き。グッドエンドで終わらないところも好みです。読む人は選ぶかもしれないけど、良作の部類に入っていいと思う。

  • 展開はかなり早くに読めるが、最後に一捻り待っていて、好みではないが興味深かった。

    語りの軽さと物語の低調音の重さのギャップが私には面白かったがダメな人にはダメだろう。

    少なくとも著者の他の作品が読みたくなる程度にはじゅうぶんおもしろかった。

    余談だが登場人物の名前からすると、この人は金沢市出身なのだろうか? それとも毎回適当な場所から名前を拾う習癖なのかしら?

  • http://sgk.me/vIGh5t 双子の姉妹、まひると真夜。幼なじみの少年、慎司。
    それぞれに恋心を抱きながら育ち、やがて高校生となったある日、真夜は事故により記憶を失い、日常がゆるやかに崩壊をはじめる。

  • ひたすら淡々とした、あっさりとした描写で進められる物語世界に待ち受けていたのは、何とも背中が寒くなってしまうようなものでした。異なる3つの時間軸が入り乱れることで、物語世界の全容がつかめぬまま、読み進めていました。勘のいい人なら、途中でオチに気づいてしまいそうですが、それであってもこちらに幸せについて問いかけるようなラストに心が乱されるようでした。彼女はそうであることを選んだけれども。彼はそうであることを選んだけども。せめて、世界の終わりで彼らが逃げないで向かい合うことがあることを祈りたいです。

  • 男+双子の姉妹という三角関係の話。
    優しさはゆっくりと人を傷つける。そんな少しもの悲しい話。ラノベとして出版された本だけど、少し内容は重いかな。

  • 恐らくミステリ好きにはこのトリックは最初の50ページくらい読めば分かってしまいます(笑) が!自分はプロローグで一気に惹かれ、トリックにも気付かないままラストまで行った幸せないタイプだったので純粋に語りますが、世界観を破壊する話だと思いました。過去を肯定するか、否定するかではなく、破壊して未来へと進むお話。それが問題作たる所以でしょう。文章の表現もとても綺麗だし、読みやすい。ガガガらしいラノベらしくないラノベらしさが出ていて、読んで損はないラノベだと思いました。

全13件中 1 - 10件を表示

荒川工の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)の作品紹介

「ねえ、『ここが世界の果てなら』、って。そう考えたらいいと思う」。君の奇抜な提案に、俺はつい言葉に詰まる。「ねえ、そしたらその先は、誰もが初めて見る景色だから。誰も見たことないならさ、それは自分だけのものじゃない?」世界の果て、世界の終わり-果てと終わりの向こうには未知が広がる-君はそう言いたいのだろうか。主人公の少年・慎司。幼なじみの双子の姉妹、まひると真夜。それぞれに恋心を抱きながら育ち、三人が高校生となったある日、真夜は事故により記憶を失い、日常はゆるやかに崩壊をはじめる。

ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)はこんな本です

ワールズエンドガールフレンド (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする