うちの魔女しりませんか? 3 (ガガガ文庫)

  • 31人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山川進
制作 : CUTEG 
  • 小学館 (2012年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513387

うちの魔女しりませんか? 3 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1巻で絶滅危惧種の魔女と素敵な経験をした文哉がこの第3巻で主人公に返り咲き.1巻での経験を活かして,マーヤの冷えきった心を少しずつ溶かしていくとてもハートフルな内容だった.たいやきのシーンを外さない挿絵は鉄板.ちなみに扉のカラーイラスト見ただけで大体の内容が読めてしまうという親切設計.マーヤの最後の決断からして,これからようやく物語が進んでいくようにも思えるけど,次巻はあるのだろうか.

  • 毎巻今度はどうくるのかと期待して読みはじめるんだが,今回はこう来たか.なんか今巻までがプロローグでしたみたいな雰囲気あるし,これからも期待がやばい

  • ナンバリング3巻目だけど1巻と主人公同じ分、こっちが2巻目みたいな印象。そのイメージがあったせいか、どことなく切なさを感じながら読んでました。1巻の時点でキレイに終わってたと思ったけどこう来ましたか。後半では予想通り泣かされたなぁ。マーヤには母親の想いとともに幸せになってほしい。

  • マーヤかわいい。CUTEGさんのイラストがかわいい。切ないストーリーは好みに合っていて良い。作品中のヒマラヤ(仮)は標高2000m以下だな...

  • 相変わらずのハートウォーミングで、心にしみるようなお話。この巻は特に今までで一番良かったように感じました。過去の経験から人間との接触を恐れるマーヤと、1巻の主人公であった文哉との交流。そこから、だんだんマーヤの心が溶けていくところや、マーヤの母親の真相など、じんわりと心に来ました。ラストの駆け足で余韻がないところは相変わらずで残念ではありますが、作品全体としてとても良かったです。「最近のライトノベルは」と言う人にこそ読んで欲しい作品だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

うちの魔女しりませんか? 3 (ガガガ文庫)の作品紹介

魔女が、絶滅危惧種として保護されている世界。地上最後の魔女・ミラとの出会い、そして別れを経験した文哉は、魔女を探して遠く異国の地で行方不明になった父親を捜すことにする。その旅先で偶然出会った少女・マーヤになぜか惹かれる文哉。しかし、マーヤは人と出会おうとせず家に引きこもり、「人間も、魔女も、どっちも大嫌い!」と文哉に言うのだった…。マーヤの過去に隠された秘密、そして父親の探していた「魔女の楽園」とは?-その日、魔女は地上からいなくなり、僕らの旅も終わる。少年と魔女の物語、第三弾。

うちの魔女しりませんか? 3 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする