俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)

  • 173人登録
  • 3.70評価
    • (15)
    • (24)
    • (21)
    • (4)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 水沢夢
制作 : 春日 歩 
  • 小学館 (2012年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513462

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • こんなに変態な内容を真剣に熱く書いてるのも凄いし、少年向けラノベという媒体向けに落としこんでるのが、凄い!!

  • 978-4-09-451346-2 291p 2014・11・9 初版6刷

  •  「俺、ツインテールになります。」はガガガ文庫出版「水沢夢」さんの作品です。
     どんな作風かというと、コメディ+バトル+シリア……スのみっつがバランスよく配合された感じですかね。
     敵となる侵略者たちに対して、戦うことになる主人公は男子高校生なのですが、戦う時にはツインテールの幼女になるというのは個人的にはグッドです。
     あらすじを簡単にまとめると、属性(ツインテール、スク水など)の力を求める侵略者と、ツインテールを愛する少年との熱き戦いの物語です。
     現在9巻まで出ているので結構シナリオとしては導入部なんでしょうね。軽く読めるスナック感覚のライトノベルだったのでたぶん、途中で折れることなく読めると思います。ノリはニャル子さんに近いのですがね……。

     今回のボスは、ドラグギルディ。ツインテールと人形好きの少女を愛するアルティメギルでした。同じツインテールを愛する者同士、トゥアールという少女が持ち込んだ異世界の技術で戦士テイルレッドとなった総二とドラグギルティとの戦いは苛烈さを極める……。
     ……文字に起こすと本当にふざけた戦いですね。人形属性やブルマ属性なんかも出てきて、属性力を求める精神生命体アルティメギルと総二とテイルブルーとなった愛香は戦ってゆくのですが、どうも緊張感に欠けるというか。
     敵が弱すぎるので、トゥアールに対する愛香の暴力沙汰のほうがピックアップされている感じです(笑)。暴力系ヒロインですから、愛香さんは。一方の総二は……。なに系主人公だろう……。ツインテール系主人公?

  • 主人公はツインテール好きの男子高校生。
    人の属性(=その人の特徴?)を結晶化して奪ってしまう異世界の敵と戦うことになった。
    不思議な道具で変身して戦うのだが、なぜか変身した姿は子どもでしかも女の子、さらにはツインテールだった―。

    人に勧められて読んだ。
    キャラクターの掛け合いはいいですね。
    若い男子が好きそう。
    よくも悪くも深夜枠的なノリ。
    そのノリが苦手な人もいるかも。

  • 変身ヒロインかと思いきや男の主人公が女になるという作品
    最初は戸惑ったが、これはこれで良かった。
    敵のノリがバカっぽくて侵略されている感じがしないが、自分のこだわっているものがなくなることを想像すると恐ろしくなった。基本的にはおバカなノリだがその点だけは考えさせられた。

  • 普通の学園ラブコメかな?と思ったら、徹頭徹尾のギャグ内容。
    テンポが非常によく予想以上に面白かった。
    中盤辺りのギャグで中だるみしてしまったが、終盤は伏線も拾ってくれていたし、理想的な感じで物語が収束していったので、読後感もあり。

    贅沢な意見だが、終始ギャグなのでシリアスシーンに入っても緊張感が全くなかったのは残念。
    いや、シリアスなんて初めからなかった!

  • 「俺、ツインテールになります」
    TBS 木曜25:46~
    キャスト:島﨑信長、相坂優歌、赤﨑千夏、内田真礼、上坂すみれ
    http://www.tbs.co.jp/anime/ore_twi/

  • ツインテールって文中に何回出てくるか不安になるレベル.キャラはかわいいし文は面白いので,楽しい.

  • 敵がいい味。王道変身ヒーローもの×TSツインテール。
    しかしだ。ツインテールをタイトルに謳うならばツインテールの描写をもっと事細かにしてもらいたい!ツインレッドにしてもまず髪は何色なのか。サラサラタイプなのかつやつやタイプなのか。ストレートなのか癖があるのか。髪の量は。くくり位置は上の方か下の方かそして横か後ろか。そのあたりの描写を一人当たり10ページくらいに渡って書いてくれないことには…ってそんなわけにいきませんよね調子乗ってましたすいませんでした。
    TSは属性にならないのかなー思い入れがないからまだ無理かそうか。

  • 戦うツインテール幼女に変身して戦うことになったツインテールフェチ.
    敵は,フェチをこじらせた怪物たち.
    ツインテールフェチ,ブルマフェチ,ナースフェチ等など.
    難しいことを考えずに頭を空っぽにして読むといいかも.
    巨乳痴女が出てくるけど
    凶暴幼馴染によって邪魔され続けるので
    合体などは一切しません.

  • 真面目にバカなシナリオを書くとこういう感じになるなぁという感じです。まどろっこしいこと抜きでお手軽にバカなシナリオを楽しみたい人にはお勧めできるかな。

  • 変態しか登場しなかった(笑)王道ヒーロー物だが面白かった。ツインテールが好きな人には是非読んでもらいたいが、そうでない人にも読んでツインテールの良さを知ってもらいたい。

  • いろいろ突き抜けた設定かつキャラクターが弾けてますが、展開が熱く描写も読みやすくで正直かなり面白かった。こんな濃い主人公なのに若干影が薄いってどういうことなの・・・

  • なんだこのノリのよすぎる世界は

  • 文章がやや読みにくかったり、シーンがいきなり飛んだりして理解が追いつかないときがあったりしたけどそんなのは些細なこと。
    ツインテールの幼女が戦ってるんだ。他になにが必要だ?

  • こういうのってツインテールへの愛がどれだけあるかが作品の善し悪しを決めると思うんです.そういう点で言えばこの作品はまだまだだと思います.見てくればっかりでツインテールの上っ面しか愛でてない.
    日本ツインテール協会公式HPでも眺めてるほうがツインテール欲満たされる.
    同時期に出た「下ネタ」のほうがそういう点でずっとブッ飛んでた.
    まあでも変身ヒロイン?ものとしてはまぁまぁ面白かった.

  • 「ベン・トー」に近いかも。常識人のいない世界観をつかめれば、楽しめると思います。構成要素はテンプレ満載ですが、テンポ良く展開させています。伏線の扱い、整合性あたりも含めて、編集が優秀なのでしょう。熱いのですが、とっちらかっていないのです。

  • 異世界から来た使者から得た能力で変身ヒロインになって世界を救うお話。…なんですがタイトルに偽りなし。全力でおバカでした(褒め言葉)。バイオレンスな幼馴染に厨二病の母、そしてカッ飛んだ変態だらけの敵陣営、と主人公のツインテール萌え(燃え)程度だとキャラが薄くて良識派に見える不思議。そのくせにバトル展開が割とアツかったりするし。ここまで突き抜けると面白いですな。最後の設定画の力の入りようとか、なぜ全力を尽くしたのか。いいぞもっとやれ。でも俺、実はポニーテール萌えなんだ。

  • ツインテールは好きですが、男のツインテール娘や変身ヒーローはどうかと思う。コミック化はいつですか?

  • ツインテールを愛する人々へ。そんな作品。
    中身は割と熱い戦隊(変態?)コメディ。
    小説よりも漫画向けなんじゃ無いかな?

  • 良い意味でぶっ飛んでいる
    ただ無駄に熱いので人を選ぶかもしれない

  • 第6回ライトノベル大賞ガガガ文庫部門<審査員特別賞>

    いやあ、なんつーか。
    面白かったけどちと期待外れかな?

    煽り文とか見ると、腹かかえて笑わせてくれそうな感じなのに、
    実際はそこそこな感じでした(主観)

    駄目なタイプのガガガだけど、
    駄目なタイプの中では面白かった

  • 全力でおバカな世界を描いている感じが、好きです。
    ほぼノリと勢いだけですが、こういうのもいいんじゃないでしょうか。

  • 終始敵も主人公もツインテールばっかなバカ話。だけど軽妙でサクサク読めて楽しかった。

全26件中 1 - 25件を表示

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする