やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)

  • 779人登録
  • 4.52評価
    • (169)
    • (76)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 76レビュー
著者 : 渡航
制作 : ぽんかん(8) 
  • 小学館 (2012年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513806

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文化祭と雪ノ下との和解の話。
    八幡は嫌々ではあるが文化祭実行委員になる。そして、そこで起こる問題を斜め下の解決方法を出していき、バラバラになりそうな委員会を八幡自らヒール役になることでまとめ上げていく(まとまっていく)
    そのヒールっぷりに八幡の強さを感じる。

    今作は比較的、アニメでも原作でも人気のある話のように思う。
    それは我々読者の中に文化祭などの催し物やクラスのイベントで八幡と同じような体験をし、同じような感情を抱いたことがある人が多いということ。そして、それに関して八幡が言えないことをズバッと言ってのけたことにカッコよさを感じてるからではないだろうか。
    私も読了後やアニメ視聴後に八幡に対して強い憧れを抱いた。
    しかしその一方で、八幡の真似をしてはいけない。と強く感じた。(真似できる人は少ないと思うが…)
    八幡は反面教師のような存在だ。
    真似をするのではなく、「こういう考え方もあるのだ」という心の拠り所にするのが一番なのではないだろうか?
    八幡が八幡としていることができるのは由比ヶ浜結衣や雪ノ下雪乃のような彼を少しでも理解してくれる人が後ろにいるからなのだろう。

  • アニメ版のクライマックスだった文化祭の話。
    アニメ版より心情がわかりやすい。
    八幡は完全にダークヒーローでかっこ良くなってるw

  • まず初めに懺悔を。なんで自分は先に最新巻からレビューというお粗末な愚行に走ったのか・・・。初めてなんだから仕方がないよねっ☆
    俺ガイル六巻レビューいきまーす。
    まず恒例の表紙。実は俺ガイルは個人的に気になっていた作品でありました。あれはココロコネクトを買いに行ったときだったか、ベン・トー9.5巻を買いに行ったときだったか、まそんなことはどうでもいいとして。黒髪ロング派の我としては表紙の可憐麗しのゆきのんはかなり好感触であったわけであります(`・ω・´)ゞちなみに平塚先生も許容範囲内っす。
    今回の主になるのは文化祭。・・・リア充爆発しろ。←昨今ではこの言葉が非リアの常套句となってきています。どういった奴らをリア充と呼ぶのかディベートしたら1時間は激論が飛び交う大討論会ができそうですなっ!キャピキャピビッチと「誰からも頼られ頭脳明晰運動部でも大活躍っ」なハイスペック人間を両方共リア充定義に含めてしまうとダメな気がするナゼダロウ。
    文化祭(哀)は苦手です。工業高校が残念だったからか生徒の頭が残念だからか。楽しさを求めて参加している奴らは真性のバカだったのではないかと思いますね。ヤンキーやクソビッチがぞろぞろと歩いてる様はさながら地獄絵図。見た目からしてガラが悪い、やたら集団で固まってバカ笑いする、ブラスバンドの演奏を台無しにする。そんな散々なイベントに労力を使うことがバカらしい。ガンちゃん@がんばらない。それが文化祭(哀)ですね(゜レ゜)
    感想戻ります。文化祭実行委員にさせられてしまった八幡。完全に死亡フラグ。今日のやられ役は決まりですね。というかあれは何だろうね。ぼっちを何故か取りまとめ役とか班長とか、ガンガン行こうぜが作戦になってそうな役職を与えようとする風潮は。バカなの?死ぬの?そんなに公開処刑を見たいのか貴様らリア充は。そのくせに処刑制度を無くせだのなんだの…。それは置いといて。
    周囲のノリで文実委員長になった相模。(´Д`)ハァ…こんなのばっかりだからバカはこの世から無くならない。ちょいちょいいたいげな部分も見せる相模はその周囲のテンションに乗っかる性格を治せばマシな人間になるのではないだろうか。いや治る訳無いか'`,、('∀`) '`,、
    相模の相談からゆきのんが補佐をやることになり、ちょっと不満があるようなガハマさん。友達思いな女の子は素敵ですね。そうやって思ってくれるような存在が身近にいるのはいいことです。現実にそんな存在はいませんが。幻想です。ぶち壊してやるデス!(^ρ^)」
    八幡が文化祭準備に参加したがってた川崎をさり気なく売り込んでいたところはなかなかポイント高いっすね。理想のぼっち像はこういった目立たないながらもクラスのピンチに合いの手を入れて解決してしまおうみたいな感じだと思います。そして合いの手を入れた本人は我関せずで貫き通す、カックイイ!(・∀・)
    そんな簡単な話ならみんながみんな理想のぼっち像になってしまっていそうな気がするのになぜだろう・・・そんな人間いなかったぞ・・・。
    八幡が相模・葉山の会話に(訳:を入れる所がなかなか的を射ていた。さっすが八幡!経験は豊富だなw
    結局ほとんどゆきのんに任せっきりにした相模。お前に罪悪感は無いのかっ!はい同情の余地無し相模。
    ついに休んだゆきのんに心を痛める八幡・ガハマさん。そして八幡がは新世界の神、いやネ申になろうとした。Change The World!!
    本当に実行に移してネ申になっちゃうあたり八幡は本当に強い男だと思う。あのスローガンを決める場で間接的に攻めるかと思いきや直接的な言葉も含めて相手に問題を否が応でも認識させることはあのやり方が一番効果的。さらっと超犠牲にあってるよアピールも欠かさないところに尊敬を覚える。八幡めっちゃ良いやつ!
    文化祭最後で相模は絶対にやらかすなと予想していたけれどあそこまで捻くれるものなのだと反対に感心したぞ。相模の取り巻き2人+葉山も加わって最高の1人舞台が完成したところでの八幡の言葉は強烈に相模に伝わっ…た?はず。「あいつ誰」とか「何あれ」とかめちゃくちゃ酷いわー。葉山も葉山でさすがリア充、そして優しい奴だ。やっぱり八幡ネ申だな!
    [総評]今回も八幡大勝利!の展開(いや逆かな?)でした。リア充、今時の若者、恋愛脳共と色んな呼び方でアレらを呼称してますが、奴らの性根はたいてい脆く腐りきっている。ちょっとした動揺、亀裂、精神的要因で簡単に崩壊する(一部全く効かない例外もたまにいる)酷くちょろいもんですよ。それに比べて我々は時間と場所を選ばず、というか選ぶことすらできずあらゆる物理攻撃精神攻撃サイバー攻撃を受けて耐えに耐えてきた百戦全敗の弱者なのですよ。確固とした強い思いを持っていきてます。黒歴史、フラれた記憶、大勢の前で恥かいた過去、そんなんを全部が全部忘れ去ることは出来ないのです。平和主義を気取れば弱いと見られる、話をしなければ暗いと思われる、失敗したすればドンくさいと勘違い、そんなやることなす事マイナスにしかならないようなもんに期待などとうに忘れましたわ。
    ああああああまた変な感想に……内容に戻ります…。
    八幡は強いですが、それはマイナス面に対して、マイナス局面に対してです。さらに現状を壊さないように維持できるように善処しますがそれは自分を傷つけていることに繋がってしまう・・・悲しいことですよ、ホント。ラストで平塚先生に言われてしまってるし。
    ガハマさん健気です。八幡城はなかなか陥落しませね。それでもめげてないガハマさん好きですっ!キャッ///
    本命はゆきのんですが。いやもそれしかない択一。毒を秘めた物言いが無ければもっと・・・なぁ・・・。現実でも作中でも無い物ねだりは身を滅ぼしますね☆
    やっぱりレビューは最初の巻からやるべきだと気づいた時にはもう遅い!次は5巻の予定(予定)。自由に書けるのはいいけど読みずらし独りよがり過ぎる意味不明な文章、まさにぼっち文とでも名付けようか。やめときますっ><

  • 文化祭回。他の学園ラブコメの文化祭回では、この感触は得られない。俺ガイルという作品、八幡というキャラ、渡航さんという作家を見せつけた巻になったのではないでしょうか。それにしても、八幡はもう平塚先生のこともらっちゃいなさいよ。

  • たとえ大多数にdisられても、たとえ間違ったやり方だとしても、その結果を理解するヒトに囲まれている事は彼にとって救いなのかもしれない…とは思う

  • ネタバレ 4巻くらいから顕わになりつつあった主人公八幡の、人としての「凄み」。文化祭という高校生活ラノベの定番シチュエーションでありながら、場面設定を実行委員会、つまり裏方作業という捻りを入れて、なおかつ、これほどの「凄み」を浮き立たせるとは…。というより、本当に彼は高校生か…。陽乃の毒も、雪乃の孤高も、八幡の「凄み」に全く霞んでしまう。しかも、客観的に最低な相模を救う八幡が、物語の中では、友人から「最低」と評される構図を紡ぎ出せたとは…。本書の感想は一言、ライトノベル、侮りがたし、である。

  • 図書館で。ぼっちには辛い学校行事文化祭編。

    この話を読んで一番イヤな奴だなあと思ったのはアグリだかめぐるだか言う3年の先輩でした。姉が出来たからって妹にも当然のように委員長の責を果たせとか要求するってどうなの。そしてサガミ委員長に注意も促さず真面目に仕事をこなしているユキノシタさんに周りを頼れなんて見当違いな事を言い、真面目に働いているヒキガヤ君の当然の批判を不真面目だとか言って貶すのはどうなんだろうか。これを読むと真面目にやっていれば見てくれている人は居るとか嘘だよな、なんて思ってしまう。(まあヒッキーのことを見てくれている人は居る事は救いなんだけど)

    とは言え一番批判されるべきはサガミさんなんだよな。ヒキガヤ君が言わなくてもきっと彼と同じように思っていた人は居ると思うし心の中でそうだ、その通りだ!と喝采を送っていた人も居るのだと思う。ウン。でもサガミさんだけが完全に悪い人って訳では無い。間違っていたとは思うけど。
    そう言う意味でヒキガヤ君のいびつで間違った解決法を部外者が批判するのは仕方ないけれども一応組織の内部に居たはずのあぐりだかめぐみだか言う先輩がヒキガヤ君を個人攻撃するのはおかしい。だったらオマエが何とかしろ、とおもいました。ハイ。

  • みんなでやることが素晴らしくて、みんなでやるんことがいいことで、
    じゃあ、一人でやることは悪いことなのか?
    (p154「⑤ほんわかと城廻めぐりは翻弄される。」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    目前にせまった文化祭。
    それは青春の祭典であり、ぼっちには縁遠いもの。

    …のはずが、なぜか実行委員に担ぎ出された八幡。
    さらに同じクラスの相模南が「実行委員長」に立候補したことから、
    事態は少しずつこじれ始める。

    雪ノ下の「嘘」への動揺も尾を引いたまま、
    八幡たち奉仕部は、文化祭を成功させるという依頼を引き受ける。
    誰を、どうすることが「助ける」ことになるのか。
    それは誰にもわからないまま。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    八幡と雪ノ下、由比ヶ浜の三人が
    ようやく互いを知り始めた矢先に、
    波乱の文化祭編がやってきます!

    クラスに実行委員会と、
    学校全体をまきこんだイベントらしく、
    奉仕部の活動の幅も広がります。

    しかし、その中で、
    最後にやってくる八幡の「一人舞台」は、
    なんとも俺ガイル「らしい」な…と。
    それが幸せなのかはさておいて。

    ともあれ、クラスメイトたちも少しずつ存在感を増し、
    いつのまにか群像劇になっていたり。
     それではっ

  • うわ、なんか後味良すぎ。ぼっちによる、ぼっちのためのヒーローものになってきた。悩める憧れのヒロイン雪ノ下を救うために、ひねくれ八幡が捨て身のひとことで世界を変える。これを文化祭実行委員会というフツーなお題でやるところに、ぼっち作家の執念、、、いや才能を感じた。悪役二軍女子さがみんを出した時点で、かなりのチャレンジ。仲間になっちゃったらぼっち小説じゃないし、敵のままなら能力カースト肯定(一軍>二軍>ぼっち)で、落としどころが難しい。結果は敵のままだけど、ぼっちがヒールに徹して二軍も動かす。で、一応カースト否定(一軍=二軍=ぼっち)もちょぴり。エンディングの豪華女性キャラバンド演奏は営業用としても、オタク材木座と川崎をラストミッションに使うあたりの気配りがすばらしい。「あきれるほど変わらないのね」byゆきのん。今まででギャグ度最低なのに、シリーズ6巻目にして、ブクログ最高評価の4.5点。全国の隠れぼっちから人気を集める理由がわかったかも。

  • 文化祭。
    雪乃さんとヒッキーの仲にハラハラしたけど、いつも通りに戻りそうで良かった。
    ヒールを演じさせたらヒッキーはすごい!
    気づいてくれる人がもっと多くなればいいのになぁと思いました。

全76件中 1 - 10件を表示

渡航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)に関連するまとめ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)の作品紹介

文化祭。面倒な仕事をスルーする方法は…呼ばれても返事をしない、面倒くさそうな気持ちを顔に出す!?ぼっちのスキルをフル活用して、文化祭の準備から逃げる気満々の八幡。しかし、HRをサボッている間に、文化祭の実行委員にさせられてしまう。新学期が始まってからの八幡は、どこか調子がおかしい。クラスでも、部活でも…。雪乃への疑問は消えないまま、そしてそれを問わないまま…前に進まず、後戻りも出来ない二人、雪ノ下雪乃と比企谷八幡。決して近づかない不変の距離感に変化は訪れるのか。好評シリーズ第6弾。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする