GJ部 (ガガガ文庫)

  • 89人登録
  • 4.15評価
    • (8)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 新木伸
制作 : あるや 
  • 小学館 (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094513998

GJ部 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 普通の短篇も入っていますよ。(^^;
    前日譚と卒業旅行の話。
    キョロのクラブ外でのエピソードが面白かったです。
    他のシリーズの登場人物が出ているけれど、けっこう入手が難しいよね?(^^;

  • ゆるっとふわっと「高等部」編再び。今回は四コマ形式以外のものも収録。1ページ使った挿絵もあるよ!一定の形式で一貫されてたから通常形式でも不思議な新鮮さが(笑)それでも彼らの雰囲気は保たれたままでした。無印本編では触れられてなかった話とか、クラスメイト関連とか、補完的な部分もあって楽しめました。中等部の方にもちょいちょいでいいから本家メンバーの話題が上がるといいなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

GJ部 (ガガガ文庫)に関連するまとめ

GJ部 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GJ部 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GJ部 (ガガガ文庫)の作品紹介

いつもの放課後、いつもの部室…再び。1〜9巻では描かれなかった「GJ部」2年間の出来事が、ついに語られる?謎に包まれていた京夜の袋詰め入部エピソードから、目的地が不明だった1年目の夏合宿、春休みに待ち受ける卒業旅行まで!…って、あれ?卒業旅行には卒業生だけが行くんじゃないの!?ライトノベル史上初の四コマ小説が、初めてそのフォーマットを破ってちょっとだけ帰ってきました。いつもと少し違うスタイルで、いつも通りの「GJ部」届けます。ゼロから∞に続く「GJ部」の2年間に花マルを。

GJ部 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする