ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)

  • 37人登録
  • 2.54評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 近村英一
制作 : 竜徹 
  • 小学館 (2013年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514155

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • これはまたまっすぐでいいバカだなぁ。神も運命もおそれず突き進むのは気持ちいいですね。これからもどんなかたちで解決してフラれ続けるのか、続きも見てみたい。天王洲さんも無表情ツンデレおいしいです。話のテンポも良好でした。

  • 近村英一「ノノメメ、ハートブレイク」読了。ガガガチャンネルで赤崎千夏さんがタイトルを読み上げたとき、語感が可愛らしかったから気になった、というのは秘密。

    タイトルもいいし、表紙のデザインも好みでございます。「必ずフラれる」ことを運命付けられながらも、一目惚れしてはフラれ続ける…という設定。ノノメメさんの猪突猛進ぶりが清々しい。肉食系馬鹿という、なんか昔の少年漫画みたいな主人公。ギャグのノリもそんな感じがある。

    背景の設定は個人的にはどうでもよくて、フラれるまでの過程を描いた、ちょっと変わった連作短編集として楽しみました。もうちょい恋愛要素が描かれたらより楽しめるだろうなぁ…という感じも。特に、ジャージ好きとしては1話の大崎さんのそういうお話をだな…w

    少年漫画的バカ一直線なんで、読後感もよいですね。ただ、1,2話に比べると、ちょっと3話は弱いかなぁ。もっとノノメメさんが思いっきり馬鹿をやれる相手のほうが盛り上がると思いました。

  • 主人公のバカでまっすぐなところにすごく好感が持てた。ラブコメで主人公に好感が持てるってのは珍しい。賀東先生が絶賛するのもわかるな。
    クーデレな天王州さんがかわいいのでノノメメさんは天王州さんと幸せになればいいと思います。

  • 審査員特別賞受賞作。

  • 一生フられる運命でもめげずに超ポジティブシンキングで告白を繰り返すというギャグラノベ.「他人の不幸は蜜の味」という格言をそのまま利用した設定は座布団一枚.設定は奇抜だけど,ギャグものとしては至ってどストレートな展開.無表情ヒロインがモロツンデレポジションだし,予想通りのオチ.
    帯でコメントしている賀東さんは一体どこで笑ったのか,そっちの方が気になった.タイトルのセンスが好き.

  • 第7回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。

    冒頭の流れから入って、
    主人公がすべて理解しているパターンは、
    ちょっと意外で驚きましたが、
    あとはまあ、ありがちなギャグラノベかな?

    とくにこのコメディのノリには合わなかったので、
    賀東さんはどこで爆笑したのかなと。
    物語も、ちょっといい話方面に持って行くんだけど中途半端で、
    何も感じない。

    個人的には全てが中途半端に感じました。

    まあでも、ガガガのツインテとか電撃のラリアットみたく、
    自分が酷評したコメディラノベは、
    意外と一般的には評価されたりしてるんで、
    もしかしたらこれも売れるのかもしれませんねー。

全6件中 1 - 6件を表示

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)の作品紹介

必ずフられる運命にある少年の暴走する恋

神様たちによって、女の子にフられ続けるという理不尽な運命を背負わされた少年・東雲芽吹。彼がどんな相手を好きになろうとも、その恋は決して成就することはない――のだが、「そんな運命知ったことか!」と、神の使いの少女・天王洲を巻き込んで、東雲芽吹は今日も元気に一目惚れ! 潰れかけの野球部のマネージャー、自分に近づく人間に不幸を降りかからせてしまう女の子、漫才師を目指すもツッコミが強烈すぎて相方のなり手がいない先輩。それぞれに悩みを抱えた少女たちのために一肌脱いで、突っ走って、傷ついて……それでも彼は恋することをやめない。バカで言動めちゃくちゃだけど、惚れたら一途に恋をする、ノノメメこと東雲芽吹のハートフルな青春ハートブレイク物語。

『フルメタル・パニック!』の賀東招二が絶賛した第7回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)はこんな本です

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする