やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)

  • 568人登録
  • 3.74評価
    • (33)
    • (68)
    • (69)
    • (5)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 渡航
制作 : ぽんかん(8) 
  • 小学館 (2013年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514346

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 表紙が三浦とはびっくり!というか見えるぞ!内容はこれまでの短編やドラマCDを再度著者本人がノベライズしたものが中心。相変わらずの八幡爆発にニヤリとさせられる。

  • このギャク小説は本当に鋭い感受性にあふれている。

  • 本編の続きが気になるところだが、今回は短編集。
    どうしても小粒な印象が強くなってしまうが、柔道部のエピソードは本編と展開が似ていておもしろかった。

    平塚先生がかわいいんだがこのラノベのヒロインは誰だ?

  • 前巻は次巻に問題を残した終わりだったので、この巻があってよかったと思う。
    今巻はいろいろな短編が盛り込まれ、前巻ほど重くなく、むしろ気楽に読める。しかし、意外な新キャラがサラッと登場していた…。
    次巻以降に関わりそうな予感。

  • うん!よかった!
    まぁ7.5巻ってことでオマケ感からは抜け出せなかったけど、 なかなか面白かった!
    柔道部の話では、いつもの八幡の自己犠牲っぷりを発揮w
    イケメソぼっちという新たなジャンルを切り開きそうで怖いwww
    本編8巻を楽しみにしてます!

  • 掌編、中編など。時間軸は7巻より前、あるものは6巻より前というのもある。全体的には、比企谷小町メインなため、八幡はもとより、雪乃の毒も抑え気味。ひょっとすると何らかの伏線が張られているのかもしれないが、あからさまなものはなく、先の楽しみとしましょうか。

  • 図書館で。短編集。
    前の巻の緊張感をちょっと緩和させるような息抜き巻といったところなのかな。それにしても表紙って三浦さんだったんだ。わからなかった。あの人の初期設定って縦ロール髪じゃなかったっけ?

    個人的には川崎さんは結構ポイント高いんだけどあのメンツだと絡ませにくいのかなぁ。孤高の人って感じだし。ユキノシタさんと三浦さんとキャラが被るってのもあるのかもしれませんが。

    柔道部の回を読んで思ったのですが…。ヒキガヤ君の正攻法ではない解決策は毎度のことなのでそれは良いのですが何で柔道部にまで疎んじらなくてはならないのかなぁ。他の有象無象がヒキガヤ君を悪く言うのは彼がそういう風に偽悪的に振る舞ってる事もあるし仕方ないと思うんだけど毎回当事者までが被害者というか大勢に回っちゃうところがモヤっとします。まあ保身のために多数についてる日よってる者が多いよね!ってのは確かに現実だけど。でもお前達当事者だろ、そして恩恵を被ってるだろうと思うと納得行かない。が、まあそれも又厳しい世間とか社会ってステレオタイプということなのかな。
    そしてヒキガヤ君みたいな小理屈こねてグダグダ言ってる奴に限って変な上司に気に入られて安い給料でこき使われることになるんだろうなぁって…今がまさにその状態か!無給で平塚先生にこき使われている… 社畜予備軍だ(笑)

  • きっと数値にすればたかだか数センチ程度。おそらく言葉にすれば、『遊び』や『ゆとり』と呼ばれるもの。
    摩耗や消耗を防ぐための緩衝地帯のような微妙な距離感は今の俺たちにふさわしく、だから少々の間を取って応えることができた。
    (p138「ぼーなすとらっく! 比企谷小町の計略」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    由比ヶ浜の誕生日パーティーの「その後」に、
    唐突に始まる「嫁度」対決。
    さらに夏休み前の奉仕部にもたらされた、
    柔道部存続をかけた依頼!?

    6月から修学旅行直前の10月にかけて、
    奉仕部の日常をおさめた短編集です。

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    中編3篇を、「お悩み相談メール」掌編でサンドイッチした構成でした。

    作中の時系列としてはバラバラな3篇でしたが、
    それぞれ「居場所」がテーマなお話だったかなぁと思ったり。

    つまらないこだわりですが、
    こういう未収録短編集には「初出一覧」がほしい私です。
     それではっ

  • 短編集。
    小町さんあざとい。
    誰かこの子の策略?に気づいてー((((;゜Д゜)))笑

    この巻は日常を扱ってるおかげ(?)で
    関係性が壊れたり、みたいな不安なく読めるので嬉しいです。
    サクサク読めた(^^)/

  • お悩み相談メールのショートストーリーが面白かった。本編は良くもなく悪くもなくといったところ。材木座の出番が増えると、どうもテンポが損なわれてしまう。

  • 短篇集その一。
    時期的には三巻の後辺りということで、前巻等のギスギスした雰囲気は無く、気軽に読めるのが吉。
    とは言いつつも、次巻以降の重要キャラになって来る一色いろはちゃんなんかも出てくるので、意外と油断ならない。

    あと、そろそろ静ちゃん貰ってあげて下さい。

    ドラマCD付けててくれたらもっと嬉しかったんだが・・・・・・。

  • 7.5巻は短編集だが、さりげなく、8巻以降で重要な役割を果たす新キャラ、一色いろはが初登場するエピソードがあるので油断ならない。

    ナンバリング的には7巻の次だが、時系列的にみれば夏休み直前の、3巻と4巻の間である。なので、7巻のラストからの気まずい感じを引きずってはおらず、内容もライトなので気軽に読むことができるだろう。

  • 俺ガイルの大ボリューム&単行本未収録エピソードをまとめた短編集。

    良くも悪くも短編集といった出来。
    八幡の語り部は相変わらず面白いが、メインストーリーがあってこそなんだなと。
    でも、蛯名さんが柔道でのエピソードの反応は大爆笑だったけどね(笑)

  • 本編では後味の悪い展開があったりしたので、箸休め的にも良いタイミングの短編集だったんじゃないかと。あ、平塚先生は俺が幸せにするから心配すんな(笑)。
    ただ一つ残念だったのは表紙を飾った三浦さんの出番が少なかったことか。短編集なんだし三浦さんメインの話があってもよかったと思うので☆3つで。

  • 普通に短編集それ以上でも以下でもない。アニメ放送中に刊行されたのかな?きっと。

  • 7.5巻と言いつつ話は7巻より前の短編集だったり。
    まあ、7巻のあのあとの感じから短編集作るとかなりきつい物になりそうなので良いんですけど。
    なんと言うか、8巻の辛さに向けた小休止みたいなスタイルかと。
    この辺りって多分6.X巻も動いてたりしたので、よく書けたよなあと正直感心してしまいますね。

  • 短編。
    アップにした雪ノ下が意外と可愛いな。

  • もう平塚先生がメインヒロインでいいんじゃないかな

  • 短編集。SSのほうは楽しめたが、短編のほうはちょっと楽しめなかった。キャラのやり取りそのものに上手くはまれなかたっというのもあるけど、特に最後の柔道部の話がちょっとアレ。

    なんでかなーと考えてみたんだけど、たぶんこれは主人公たちが勝手にやったお節介だからかもしれない。
    今までは依頼された内容を、あえて自分が汚れ役を演じるような「後味の悪い」方法でこなしていた。
    夏合宿の一件とか、文化祭の一件とか、決して褒められた方法ではなかったけど、それでも依頼はこなしていたからかろうじて救われた部分もあった。
    でも今回のは頼まれてもいないことを勝手にやっただけなんだよね。
    しかもそれを「後味が悪い」だの「喜ばれはしない」だのわかっててやってるんだから、もはや嫌がらせと思われても仕方ないレベル。それが結果的に柔道部のためになったとしても、だ。
    これで自分たちだけはいいことしたとか思っていたら完全に偽善なんだけど、さすがにそこまではいかなかったか。
    とはいえこのへんがきっと気に入らなかった理由なんだろう。

  • 短篇集。
    時間軸的には修学旅行より前のエピソード群となります。
    ラジオを模したショートショートも面白かったですが、個人的には平塚先生ネタが良かったです。早く誰かもらったげて!

  • 短編集ですが、平塚先生はじめどのヒロインもかわいい。

  • 表紙は三浦さん。小町が出てきてだらだら遊ぶ話はもう飽きたかな。主人公が公言するシスコンなので妹がやたら出てくるのはまぁ諦めるしかないのでしょうが。柔道部の話はまぁまぁ面白かった。結衣ちゃんの手帳かわいいな。しかし自分の誕生日ってわざわざ手帳に書くものなのかな。さすが結衣ちゃん。

全41件中 1 - 25件を表示

渡航の作品一覧

渡航の作品ランキング・新刊情報

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7.5 (ガガガ文庫)の作品紹介

奉仕部の日常が賑やかに詰まった短編集!

奉仕部に送られてくるようになった「お悩み相談メール」、そして、平塚先生から持ち込まれた「結婚がらみ」の相談事……。
(八幡的には)不本意にも忙しい奉仕部の活動。コスプレからガチ格闘技対決まで、多岐にわたりすぎて大変なことに。
日々の些末な出来事にこそ、真実は宿る……奉仕部&おなじみのキャラクターたちが生き生きと輝く「いつもの日常」をたっぷりと!

この4月から放送されたTVアニメも大反響の「俺ガイル」、
大幅書き下ろし&レアな小説未収録エピソードをぎゅっと詰め込んだ珠玉の短編集!

ツイートする