憂鬱なヴィランズ 4 (ガガガ文庫)

  • 29人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : キムラ ダイスケ 
  • 小学館 (2013年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514520

憂鬱なヴィランズ 4 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

憂鬱なヴィランズ 4 (ガガガ文庫)の作品紹介

“イラストレーター”急襲!村瀬一郎の反逆

夕陽ヶ丘恒例、獅子神神社の冬祭り。
その最中、月夜チームの面々によって行われた大捕り物。『不思議の国のアリス』の読み手である如月シェリーを捕獲し、村瀬一郎の自宅へと連行した月夜チームだったが、その時、事件は起きた――。
『天女の羽衣』の読み手である夏苅小雨による突然の襲撃。そこへさらに、新たな敵勢力となる絵本の作り手の一人“イラストレーター”のエルモ・ストーンヘブンとその部下の百伍が加わり、三つ巴の戦いに、事態は混乱を極める。やがて収束した時、月夜チームは、戦力の要である村瀬一郎が敵側に寝返るという危機的局面を迎えていることに気づく……。
謎の多い男・村瀬一郎と、彼がすべてをかけて捜し求めてきた『桃太郎』の絵本。その因果関係が明らかになる時、新たな悲劇を生む……。

最悪の結末が描かれた“絵本”ワーストエンド・シリーズを巡る物語、第四弾!

憂鬱なヴィランズ 4 (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする