されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)

  • 120人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (9)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 浅井ラボ
制作 : 宮城 
  • ¥ 843
  • 小学館 (2013年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514575

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガユスとギギナのギリギリの戦いも面白いけれど、翼の在処みたいにわけのわからないチートバトルも好み。
    新作短編の「白球を追って」は、され竜らしからぬ爽やかさと幸せに溢れている。新章ではここから一気に突き落とされそうだなあ。

  • 「翼の在処」みたいな強さのインフレがアレな部分はもうこのシリーズ読み飽きてるんだけど、ガユスの、クズと這い上がりの境目でどうにか引っかかってるところが好きなのだよなあ。そしていつの間にか人望も仲間も増えてるじゃん「白球を追って」。ジヴのほうがある点では真っ黒だもん。

  • 今回は短篇集ですよ.
    というわけでいろんな場所でいろんな人達が死んでますね.
    ヒトじゃない死体も大量生産しつつ.
    白球を追いかける憂鬱赤毛メガネとか,似合わねぇwww
    そして相変わらずのジヴーニャ姐さんが最強.
    翼将たちはアレですね.
    強すぎてよく分からん.
    秘書で忍者のおねーちゃんをもっと登場させてください.
    不遇な感じで.

    次回「され竜」甲子園編.
    お楽しみに~.
    ※大嘘です.

全4件中 1 - 4件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)

大武 政夫

ほのぼの日常系ギャグ漫画です

若手のヤクザの部屋に突如あらわれた主人公で常識知らずの超能力少女ヒナ。ヒナは街を破壊するほどの力を持つ超能力少女である。そんな二人と、ヒナを抹殺するためにやってきたライバルなどが登場する本作ですが、特に超能力を持った物同士のバトルマンガとかではなく、ほのぼの日常系ギャグ漫画です。
超能力を使ってあっちむいてホイや、学校の勉強でカンニングのために力を使った、たまにビルを破壊したりはしていまいますが、とてもほのぼのした展開となっています。
本作の見所ですが、主人公のヒナやヤクザの新田を取り巻くサブキャラクターです。特にヒナの同級生の三嶋は中学生ながら、なぜかバーテンをやっていたり高級マンションに一人で住むことになったり、そんな非日常な感じがジワジワくる作品となっています。
楽しく笑いたいギャグ漫画を読みたい~という方にはオススメの一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする