されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)

  • 123人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (10)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 浅井ラボ
制作 : 宮城 
  • ¥ 843
  • 小学館 (2013年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514575

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガユスとギギナのギリギリの戦いも面白いけれど、翼の在処みたいにわけのわからないチートバトルも好み。
    新作短編の「白球を追って」は、され竜らしからぬ爽やかさと幸せに溢れている。新章ではここから一気に突き落とされそうだなあ。

  • 「翼の在処」みたいな強さのインフレがアレな部分はもうこのシリーズ読み飽きてるんだけど、ガユスの、クズと這い上がりの境目でどうにか引っかかってるところが好きなのだよなあ。そしていつの間にか人望も仲間も増えてるじゃん「白球を追って」。ジヴのほうがある点では真っ黒だもん。

  • 今回は短篇集ですよ.
    というわけでいろんな場所でいろんな人達が死んでますね.
    ヒトじゃない死体も大量生産しつつ.
    白球を追いかける憂鬱赤毛メガネとか,似合わねぇwww
    そして相変わらずのジヴーニャ姐さんが最強.
    翼将たちはアレですね.
    強すぎてよく分からん.
    秘書で忍者のおねーちゃんをもっと登場させてください.
    不遇な感じで.

    次回「され竜」甲子園編.
    お楽しみに~.
    ※大嘘です.

全4件中 1 - 4件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)

綾崎 隼

読了後すぐに続きが読みたくなる、新しいタイムリープミステリー。

タイムリープをテーマにした作品は様々ありますが、この作品では、タイムリープするたびに大切な人が消えていきます。それも、存在していたという痕跡すら残さず。とても残酷な条件です。
物語は、このタイムリープというSF要素と、解決策を模索し、大切な人を救うべく奔走する主人公たちの青春要素が合わさった、青春ミステリーです。
前半、小学生時代についた些細な嘘によって心に残った消えない傷や、母親との些細な口喧嘩といった、主人公の幼ない言動が印象に残りますが、タイムリープを目の当たりにした直後から、一気に様子が変わります。また、協力者となる先輩や、自分もタイムリープしていると言う同級生など、新たな登場人物もあり、彼らと今後どのように関わっていくのかも気になるところです。
優しくて美しいミステリーを紡ぐ、綾崎さんの新シリーズ、読了後すぐに続きが読みたくなる一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする