されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)

  • 104人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 浅井ラボ
  • ¥ 843
  • 小学館 (2013年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN:9784094514575

この本が買える電子書籍ストア

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガユスとギギナのギリギリの戦いも面白いけれど、翼の在処みたいにわけのわからないチートバトルも好み。
    新作短編の「白球を追って」は、され竜らしからぬ爽やかさと幸せに溢れている。新章ではここから一気に突き落とされそうだなあ。

  • 「翼の在処」みたいな強さのインフレがアレな部分はもうこのシリーズ読み飽きてるんだけど、ガユスの、クズと這い上がりの境目でどうにか引っかかってるところが好きなのだよなあ。そしていつの間にか人望も仲間も増えてるじゃん「白球を追って」。ジヴのほうがある点では真っ黒だもん。

  • 今回は短篇集ですよ.
    というわけでいろんな場所でいろんな人達が死んでますね.
    ヒトじゃない死体も大量生産しつつ.
    白球を追いかける憂鬱赤毛メガネとか,似合わねぇwww
    そして相変わらずのジヴーニャ姐さんが最強.
    翼将たちはアレですね.
    強すぎてよく分からん.
    秘書で忍者のおねーちゃんをもっと登場させてください.
    不遇な感じで.

    次回「され竜」甲子園編.
    お楽しみに~.
    ※大嘘です.

全4件中 1 - 4件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報»

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

3時のアッコちゃん

柚木 麻子

悩める働く女性に読んでいただきたい(前作もあわせて)

大女で起業して大成功したアッコさんは、いつも仕事での人間関係などに悩んでいる女性をほっとけない性格で、まったく知らない人に声をかけて自分のお店のスムージーを飲ませたり、強引ながらもターゲットになった女性がどんどん元気になっていきます。
前作の「ランチのアッコちゃん」は本屋大賞にもノミネートされた作品で、前作と同様に、アッコさんが豪快な活躍で読んでてグッときます。
本書は連作集で、今回は最後の2篇は関西を舞台にした話ですが、最後の「梅田駅アンダーワールド」は、大阪に来たら誰しも迷うことでおなじみの梅田地下に来たことがある人は笑いながら読める作品です。
短編の集まりなので、とても読みやすく、冬休みにちょっと軽く読書したいな~って時にオススメの1冊です。