されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)

  • 101人登録
  • 3.89評価
  • 4レビュー
著者 : 浅井ラボ 
  • ¥ 843 /
  • 小学館 /
  • 2013年12月18日発売 /
  • 556ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784094514575
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)

この本が買える電子書籍ストア

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガユスとギギナのギリギリの戦いも面白いけれど、翼の在処みたいにわけのわからないチートバトルも好み。
    新作短編の「白球を追って」は、され竜らしからぬ爽やかさと幸せに溢れている。新章ではここから一気に突き落とされそうだなあ。

  • 「翼の在処」みたいな強さのインフレがアレな部分はもうこのシリーズ読み飽きてるんだけど、ガユスの、クズと這い上がりの境目でどうにか引っかかってるところが好きなのだよなあ。そしていつの間にか人望も仲間も増えてるじゃん「白球を追って」。ジヴのほうがある点では真っ黒だもん。

  • 今回は短篇集ですよ.
    というわけでいろんな場所でいろんな人達が死んでますね.
    ヒトじゃない死体も大量生産しつつ.
    白球を追いかける憂鬱赤毛メガネとか,似合わねぇwww
    そして相変わらずのジヴーニャ姐さんが最強.
    翼将たちはアレですね.
    強すぎてよく分からん.
    秘書で忍者のおねーちゃんをもっと登場させてください.
    不遇な感じで.

    次回「され竜」甲子園編.
    お楽しみに~.
    ※大嘘です.

全4件中 1 - 4件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報»

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

雪の国の白雪姫

谷川俊太郎

詩:谷川俊太郎、モデル:小松菜奈によるスペシャルな写真詩集。

大注目の若手女優・小松菜奈さんが16歳の冬に北軽井沢の谷川俊太郎さんの別荘で撮影した写真に、谷川俊太郎さんの詩を載せた、まるで絵本のような写真詩集。
写真と一緒に読む谷川俊太郎さんの詩は、すーっと自然に頭の中に入ってきて、新たな意味を発見できます。
新作「雪の国の白雪姫」の不思議な世界観は必読。
モデルとしての小松菜奈さんにも大注目です。
雪の深い森の中の小松菜奈さんは雪ウサギみたいでとってもかわいいです。
そして、16歳(当時)にしてこの表現力…。
購入者だけが見れる特典映像では、谷川俊太郎さんと小松菜奈さんによる詩の朗読も。
こだわりの装丁はしっかりした布製で、表紙に箔でリンゴが描かれており、部屋に飾っておいても美しい一冊です。