されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)

  • 87人登録
  • 3.75評価
  • 4レビュー
著者 : 浅井ラボ 
  • ¥ 843 /
  • 小学館 /
  • 2013年12月18日発売 /
  • 556ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784094514575
  • (2)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)

この本が買える電子書籍ストア

されど罪人は竜と踊る 13 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガユスとギギナのギリギリの戦いも面白いけれど、翼の在処みたいにわけのわからないチートバトルも好み。
    新作短編の「白球を追って」は、され竜らしからぬ爽やかさと幸せに溢れている。新章ではここから一気に突き落とされそうだなあ。

  • 「翼の在処」みたいな強さのインフレがアレな部分はもうこのシリーズ読み飽きてるんだけど、ガユスの、クズと這い上がりの境目でどうにか引っかかってるところが好きなのだよなあ。そしていつの間にか人望も仲間も増えてるじゃん「白球を追って」。ジヴのほうがある点では真っ黒だもん。

  • 今回は短篇集ですよ.
    というわけでいろんな場所でいろんな人達が死んでますね.
    ヒトじゃない死体も大量生産しつつ.
    白球を追いかける憂鬱赤毛メガネとか,似合わねぇwww
    そして相変わらずのジヴーニャ姐さんが最強.
    翼将たちはアレですね.
    強すぎてよく分からん.
    秘書で忍者のおねーちゃんをもっと登場させてください.
    不遇な感じで.

    次回「され竜」甲子園編.
    お楽しみに~.
    ※大嘘です.

全4件中 1 - 4件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報»

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

逆転力 ~ピンチを待て~

指原莉乃(HKT48)

AKBというだけで敬遠しないほうがいい1冊

元AKB48、現在は博多を拠点にするHKT48のメンバーでありながら劇場支配人もつとめる21歳のアイドル指原莉乃がAKB加入前に2ちゃんねるに入りびたっていた話や、加入しても人気が出ない日々、そしてあの恋愛スキャンダルを隠すことなく自分の言葉で語っています。そしてこの本を通じて、指原莉乃が普通の女の子であり、そして常に周りの目を気にしながらも臆せずフラットに物事を見て動ける能力の高さが垣間見えます。
決して1番前に立てないタイプながらも周りを盛り上げようとする姿勢に、多くの人はたぶんこの本を読んで共感できると思います。
アイドルの企画本としてではなく、普通の女の子がアイドルグループに入ってしまいそして過ちを犯してもなお腐らず折れずにがんばりその足跡を自身振り返った記録の本として、いま自分の立ち位置に悩んでる人に手にとって欲しい。そう思います。