人生 第7章 (ガガガ文庫)

  • 32人登録
  • 3.57評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 川岸殴魚
制作 : ななせ めるち 
  • 小学館 (2014年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514674

人生 第7章 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 遊園地デート.
    で,キングオブネガティブ(だっけ?)の妨害工作.
    そんな感じで.
    女の子4人と遊園地に行くとか爆縮すればいいのに.

    あと痴漢対策の護身術とかなんとかで
    乙女の乳を揉みしだくとはなんということでしょう.
    もげればいいのに.

  • ゆるゆる人生相談の今回は珍しく(?)恋愛要素が強めでした。でも人生相談はいつもよりしっかりやってた気がする。学外に出て外の人物相手にやってる感が強かったからだろうか。そんな中ヒロインルートを全力でひた走る梨乃よりも、ふみの挿絵が多めで私的には大満足。しかしエキセントリック炒めの挿絵を発注する作品がこの作品の他にあろうか。どう言って頼んだんだろう(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

人生 第7章 (ガガガ文庫)の作品紹介

遊園地デート、行っちゃうの!?

「私は勇樹には無駄にしてほしくないの。このチケットを。そしてこのチャンスを」

冬休み明けの新学期。第二新聞部の部室にやってきた赤松勇樹(あかまつ・ゆうき)は、部長の二階堂彩香(にかいどう・あやか)から遊園地のチケットをもらう。お悩み相談コーナーの理系代表、遠藤梨乃(えんどう・りの)を誘おうと思い立つも、デートをしたことがない勇樹はうまく誘う自信がない。自然なデートの誘い方とは一体どういったものなのか? 悩んだ挙句、偽名を使ってお悩み相談を持ちかける勇樹だったが……。
「デートの匂いがするよ」まさかの勘で、体育会系代表の鈴木いくみ(すずき・いくみ)に看破されてしまう。文系代表の九条ふみ(くじょう・ふみ)、美術系代表の村上絵美(むらかみ・えみ)も納得がいっていない様子。結局、全員で遊園地に行くことになるのだが、非リア充の星・ネガティブキング矢野くんの妨害に遭い……?
経験、掃除、痴漢、集中力、ノリ、働きたくなかったり、恋愛に自信がなかったり……。成るか、遊園地デート! ゆるゆる人生相談7回目!!



【編集担当からのおすすめ情報】
お笑い芸人・THE GEESE(ザ・ギース)、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の渡 航、『人類は衰退しました』『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』の田中ロミオも大絶賛! 「第3回小学館ライトノベル大賞」にて審査員特別賞を受賞した川岸殴魚の話題作! 業界内外で話題騒然!

人生 第7章 (ガガガ文庫)はこんな本です

人生 第7章 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする