不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)

  • 52人登録
  • 3.83評価
    • (5)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森田季節
制作 : にぃと 
  • 小学館 (2014年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514766

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • つまらなくはなかったけど、どうにもストーリーの流れがとっぴで登場人物の性格も場面場面でちぐはぐに感じる部分があって残念。物語のテーマが面白そうなだけに惜しいと思った。星二つ。

  • ジャンル的にはバトルものなんだろうけど、個人的には「世知辛い世の波に飲まれ半堕落した主人公の再生の物語」という、妙に社会派なメッセージを感じてしまった。

全3件中 1 - 3件を表示

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)の作品紹介

ヒーローになれなくても、俺たちは無敵だ!

――この俺、冬川朱雀と相棒の少女、小手毬はこの世に必要とされていない異能力者だ――

「異能力制限法」により、現代、異能力の無断使用は厳禁され、異能力者はすべて社会から管理されている。活躍の場は安全が約束されているTVやエンターテイメントの中でショーアップされた戦いを「演じる」時にしかない。
だが、暗殺者の末裔で、苦しむ暇も与えず殺す「暗殺異能」に特化した俺と小手毬じゃ、地味かつ邪悪でTV出演など不可能、人気も出ないし仕事も来ない! 実力だけなら、どんな奴にも勝てる自信もあるのに、戦う機会が、異能力を使う機会がない!
そんな俺たちのところに、TVの中で最強と謳われる異能力者、滝ヶ峰万理からとある依頼がやってくる。それは本物の暗殺依頼だった。究極の選択を突きつけられた。俺たちは「悪っぽくて売れない」異能力者か、「本当の悪」の異能力者になるか決めねばならない……!?

「現実」の異能力者たちが交錯する、真の最強異能力者決定アクション!

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)はこんな本です

不戦無敵の影殺師(ヴァージン・ナイフ) (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする