夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)

  • 41人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 境田吉孝
制作 : 植田 亮 
  • 小学館 (2014年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514889

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終的にハッピーエンドだけど
    モヤモヤする…

  • 自分が傷つくことを嫌って、他人と間に微妙に距離をとっている峰くんと、正直者がバカを見る現状を許せない桜間さんの、青春物語。気の置けない友人がいたことが、某比企谷くんとの違いかな。こういう直線的な青春ものは好きだけど、ぶっちゃけ記憶喪失ネタなくても話が成立した気も。
    最後峰くん人格変わってないか?

全2件中 1 - 2件を表示

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)のその他の作品

境田吉孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)はこんな本です

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)の作品紹介

その夏、彼女は記憶を失った――。

夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。
桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にして、クラスの誰もが認める超美人。そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある――。そんな桜間さんが、記憶喪失。
ゴシップに飢えた高校生たちにとっては、格好のエサだ。安いメロドラマを求めて僕にまで群がってくるやつらに愛想笑いを返しながら、僕はお見舞いにも行かなかった。行けなかった。好奇の目から逃げるように桜間さんを避けまくっていた僕は、2学期早々、彼女と気まずい再会を果たす。彼女は僕のことも完全に忘れていたわけだけど――「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」――うん、まあ、全力で嫌われました。僕としてはそれでよかったのだけど、何故かとんでもなくお節介な先生のはからいで、僕は風紀委員である彼女の補佐を拝命することになってしまう。数少ない友だちの水井や、桜間さんの友人・宮井さんにも後押しされながら、僕らはもう一度、一から関係を築いていこうとするが――。小学館ライトノベル大賞にて優秀賞を受賞、ゼロどころかマイナスからはじまる等身大青春グラフィティ!

ツイートする