人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)

  • 389人登録
  • 4.37評価
    • (68)
    • (49)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 田中ロミオ
制作 : 戸部 淑 
  • 小学館 (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094514940

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007年から続いた当シリーズも9巻をもって、一応の完結をした。完結してしまったのだ。
    この作品はライトなタッチで書かれているが、やはりSFなのだと思う。SFだからこそ、こういうハードな結末を、ライトに着地させてしまえたのだろうとも思う。

    さて、今回は『おじいさん』がロケットにのって月に行ったけど、帰ってこれなくなっちゃった!さて、『わたし』はどのようにして『おじいさん』を助けるのか。妖精さんを駆使し、多くの問題を片付け、そして『わたし』は月に到着する。そして、そこで知る事実とは!そして、どのように、ホッポリ投げるのか!!

    作中に色々と仕掛けられた複線。これを見事にさらって、ここに着地したということは素晴らしい。出来れば、あの絶望のシーンを映像にしてみんなに見せてあげたい!
    今作、発売時から追っかけていた。追っかけた甲斐のある最終回だった。
    折角、素晴らしい形で、アニメ化したんだから、この結末をアニメの形でも見せてほしいとも思う。

    が、やはり小説というトテモ力のあるメディアで公開されている以上、先に読んで欲しい。

    最後に、この作者、田中ロミオ氏は出来れば、この小説と言うジャンルでもっと活躍して欲しい。

  • 人類は衰退しました

    8巻の子供も描写がおかしいとは思っていたが、予想を上回る驚きだった。1巻から読み直さなければならないようだ。

    ただ一つ悲しいのは、我々旧旧人類は衰退しました ということだろうか。これまで読んできた楽しい話は、我々の明るいSFではなかった。無駄な感傷にすぎないが。
    助手さん頼んだよ。

  • これがライトノベルっていうのが曲者です。
    ライトノベルっていうのはわりとノリと勢いが肝心なところがありますゆえ、そんな作品群につかってだらけきっていたときに、アニメからこの作品を知り完結まで読んだわけですが。
    あああ、そっか、SFだったのか…。
    SFにあまりつからないひとなので気付きませんで、軽いノリでピュアブラックな皮肉きいた作品くらいに思っていました。
    なので最終巻の衝撃がはんぱなかったです。
    あらららら。でもおかげで眠っていた読解力をがつんを揺り起こされたイメージ。これは良作ですね。何回も読み返したい感じ。ここまで設定がしっかりしているとは思わなかった。(謎解き的な意味で)ミステリにはないSFの爽快感というものをはじめて味わったかもしれません。
    全部細かくネタを解説したわけでもなく、最後の書き方だけで全部の謎が連鎖的に解けるこの構成力にもあっぱれです。
    ネット上にはいろんな考察がありまして、そっちが大変面白かったので、あまり意見は書かないことにします。

    普通にかわいい女の子が、こんなにもSFに溶け込んでいるっていいですね。しかもかなりたくましく成長しているっていう。
    助手さんの口調は最初は衝撃をうけましたが、今ではすっかり慣れました。
    短編集もすぐ読むつもりです。

  • 最終巻にして、衝撃的な事実!!
    何度も何度も読みなおし、おじいさんやわたしちゃんが何を悟ったのか、理解した(ような気がする…)。
    人類は本当に衰退していた!!
    そして、地球は本当に妖精さんのものだった!!
    短編集を待ち望みます。

  • まさか完結するとは……
    ストーリーはSF映画のようですが、人退ならではのゆるい語り口なのでさくさくです。
    ライトノベルの中では殿堂入りレベルで素晴らしいシリーズだったと思います。個人的には現代社会を風刺的に(でも批判的にではなく、ゆるーくちくちくする感じで)捉えていたのが好きです。

  • 本当に素晴らしい作品に出会えてよかった。

  • 「妖精さんたちの、ちきゅう’」
    全ての答えはここに。
    色々起きすぎて初め理解しきれなかった部分もあったけど、何度か読み直して理解した後は驚きの連続だった。
    最初から最後まで本当に人類衰退しちゃってたんだなー…。

  • ちゃんと理解できてるか不安だ!読み直したい。図書館で借りた。買えばよかった…

  • 散文的感想。

    ある意味「呪い」でもあったこのタイトル、本当ちょっとした誤解を解くだけで、未来への希望が生まれようとは。

    ラストのネタ晴らしではイマイチ理解できなかったけど、そこから続く2段3段の展開でようやく腑に落ちる。少々冗長気味に感じたけど、まぁ私にはわかりやすかったです。

    冒頭、一人称主人公が冷静を装いながら明らかに暴走しつつ話が進むというのは凄かったなぁ。

  • お見事、と言う他無い。
    シリーズ最終巻として、積み重ねられてきた伏線がしっかり解かれ、綺麗にまとめきられている。
    そういった伏線回収以外にも、SF要素も面白く、ストーリー展開では緩急が自在に駆使されて飽きることが無い。
    飽きるどころか、どきどきしながらページを繰る手が止まらなくなってしまった。

    とにかく完成度の高い世界観だった。短編集を読んだ後、また読み返してみよう。

全47件中 1 - 10件を表示

田中ロミオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)の作品紹介

つきりょこう、します?

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の"調停官"であるわたしのお仕事。
月旅行に出たまま帰らぬ人となったらしい祖父の行方を追って、わたしは月へ行く手段を探して夢の世界へ。

"けんさくえんじん"つかいます? しゅっぱつしんこー! 妖精さんの"じょうきしきけんさくえんじん"に乗って、本当に月へ行けるのでしょうか?

しりーず、ついにかんけつです?

人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする