やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

  • 308人登録
  • 4.00評価
    • (21)
    • (43)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 渡航
制作 : ぽんかん(8) 
  • 小学館 (2014年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (481ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 相模南が実際に「あ~いるいる、そんなやつ」というキャラかどうかはともかく、そう思わせてくれるキャラクターではあった。
    確かにこういう奴は存在するが、若干性格が極端ではある。
    だが極端にした方が印象に残りやすく、文字しか書かれていないラノベにおいては、これくらいが個性を引き出しやすいのだろうか。
    論理的な判断で行動をする八幡と、感情的な判断で行動するスクールカースト第2位陣の対比が印象的な巻だった。

  • ショートストーリーを繋げて繋げての短編集かと思いきや、本編同様しっかり重い内容でした。
    時系列的には文化祭後の体育祭。野球でいうと投手が走者を残したまま早々にKOされた翌日にまた先発みたいな(?) つまりは相模再び、と+αの話です。
    なかがきにもある「リアルとリアリティは違うんだぜ」まさに相模はそんなキャラですね。

  • 短編とは思えない濃い内容だった。すごい殺伐とした運営だな

  • 時系列的に6.5なだけで、本編並に重い体育祭編だった。相模と周りとの関係に対して、結果的に何らかのテコ入れを果たしたのに対し、相模の比企谷に対する扱いが変わらない辺り、哀れに感じてしまうのは、筆者の構成力だろうか。おまけのクリスマス編も、これまでのおまけのような茶番な感じがしなくて良かった。
    そういえば、材木座の存在に生理的鬱陶しさを感じなかったのは今巻が初だと思う。

  •  体育祭+C.P.編。

     変わらない人間性という透徹した目と失敗に対する温かさとが同居する体育祭編。本作のメインテーマの一つ、人の関係性、繋がりにおける理と情の相克がTV版より色濃く出た佳編。この物語を紡ぎだすべく、あの「相模」を持ち出すとは心憎い配置だ。
     更生の機会付与という温かさと、人間性は簡単に変わらないという冷たさとが絡まりつつも、結局は、人の心に働きかける情の力を描く。
     この件は著者の想い、つまり、心は醒めていても、実は、感情を貴重と見る眼差しを捨てきれるものではない、という理念・願いを感じずにはいられない。

     修学旅行前なので、奉仕部3人組において一番結束の固かった時期に相当する。ゆえに、雪乃の八幡への物言いが突き放した態度に見えず、そこはかとない好意と信頼に充ちているよう。これは先の展開を考えると嵐の前の静けさよ、と感じてしまう。
     正直、映像版の尺の短さではこの濃い内容は描けない(レンタルで見たのみだが、現に描けてはいない)ので、別物として理解すべきか。

     なお、城廻めぐり生徒会長の、上に立つ立場にありながら、謙虚かつ温和な為人は個人的には素敵だ、とも感じたところ。

     ちなみに、相模が嫌いというのは判らなくはないものの、彼女のような人物を、どのように上手に活用していくかが上に立つ人物には求められるのだろうし、個人的には、あの弱さは嫌いにくいところ。
     とはいえ、皆に好かれないタイプの人間を登場人物の中核に据えつつ、意味ある物語に仕上げた著者は、凄いなぁと感じる。

  • 図書館で。
    最新刊まで読み終わっちゃったのでオマケなのかなぁ?と残していた小数点入りの分を借りてみました。うん、相変わらずひねくれていて面白い。

    ひねくれているけど八幡の考えは概ね正しいんだよなぁ。嫌われたくない、孤立したくないという考えを捨てると人間結構思っている事が言えたり出来たりする。けど人間関係は危うくなる。が、卒業したらどのみち切れてしまうかもしれない人間関係にそこまで気を使ってどうする?という考え方も出来なくはない。ウン。

    私的には川崎さんは結構ポイント高いんだけどな。あまり出番が無くて残念。そして戸塚君は可愛い。

  • 体育祭とクリスマスパーティー

    文化祭、体育祭、修学旅行、生徒会選挙、
    クリスマスイベントの流れのなかの体育祭。

    出版順だと9巻の後

    前後の話をわかってて読むと感じも違うのかも。

    基本的にいつも通りの仲良し感のある奉仕部でした。
    なんやかんやで八幡は結構リア充してるわー(笑)

  • アニメで放映された体育祭のエピソードを、裏側まですべて描いた巻。相模南の再チャレンジは現実社会と同じく試練の連続で、なんでここまで「本当のこと」を書いてしまうんだろうと思いつつ、読者を飽きさせないストーリーはさすが。前巻(第6巻)の文化祭実行委員会と、本巻の体育祭実行委員会で繰り広げられた「人を動かす」ための交渉術や駆け引きは、「ラノベで学ぶリーダー論」と銘打ってもいいくらいの出来ばえ。ここに書かれていることの半分でもやれれば、私だってもう少し優秀なサラリーマンになれるだろうに…。サラリーマン兼業ラノベ作家である渡航は、サラリーマンとしてもかなり優秀なのではないかな。

  • 短編集。実はレビュー書き忘れててよく覚えてないのだ…悪くはなかったと思う。気がする。

  • いつもより分厚い冊子にお話が二編で、読み応えあり。
    できれば時系列通りに読みたい。

  • 文化祭実行委員長で失敗した相模南を、体育祭実行委員長に抜擢する奉仕部。
    相模がわりと頑張る話。
    プラス、奉仕部+αのクリスマス会の話。

  • 文化祭に続く体育祭の物語と、おまけ的にクリスマスの話。なんというか、感情のもつれは面倒でオソロシイですよという物語? だから苦手なのよねこのグループとかそういうの。で、ことのほか平塚先生の出番が少ない巻だった気がする。クリスマスの打ち上げの話は何か知っているなと思ったけれど、やはり以前おまけで見た物語の加筆修正版だった。由比ヶ浜さん、ガンプラ作るって思われるのは女の子的にショックなものなのですか?知らなかった。比企谷くんにクッションを勧めるゆきのんがちょっと可愛かった。あと、ピンクのシュシュをつけて挨拶するところもきゅんとくるね。平塚先生はだから比企谷くんがもらってあげてください。

  • やっぱり駄目委員長は駄目なままやった話。
    手ぬるいんも相変わらずやけど、読み物としてはこんなもんなんやろな。

  • 相変わらずネタ多め。材木座さんの扱いか相変わらず可哀想。「光になれ〜」は勇者王が好きなんで嬉しい。

全14件中 1 - 14件を表示

渡航の作品一覧

渡航の作品ランキング・新刊情報

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)の作品紹介

文化祭直後、体育祭ストーリー&スペシャル

6巻の文化祭直後、体育祭のエピソードを文庫本一冊に収録。
文化祭が終わった後、城廻めぐりから来た依頼は、「体育祭を盛り上げたい」というもの。
奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。
そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった……。
TVアニメシリーズで著者自らが脚本を手がけた番外編「だから、彼らの祭りは終わらない」のサイドストーリーを文庫本用にディレクターズカットし、再構成した総集編として修正。同時発売されたドラマCD特装版で音声収録された9巻直後のクリスマスパーティーのエピソードの小説版も加えて収録。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする