GEφグッドイーター (ガガガ文庫)

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 新木伸
制作 : あるや 
  • 小学館 (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515152

GEφグッドイーター (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • GJ 部のファンタジー版。
    倒した敵はおいしくいただくっていう縛りが目新しい感じですね。
    人型やら鉱石系やらを退治すると大変なわけですな。
    全体的にレベルの高いパーティ構成なので、冒険感はあまりありませんね。
    あと、登場人物のキャラクターが前作とほとんど変わらないのは賛否ありましょうか。

  • ファンタジー版GJ部。安心と安定のゆるふわ感は健在。どのキャラもかわいらしいですなぁ。ケッコン→家族の流れはそれぞれの過去の設定が作品とは裏腹にヘビーな分、余計にほっこりした。挿絵でカイン妹の存在も明らかになってるのでここからまたメンバーが増えていくんだろうな。GJ部では紫苑さん推しだったから魔王さまがいつか可愛い生き物になってくれると信じて(笑)次も楽しみ。

  • ファンタジー風味のGJ部じゃんw
    仮想CVもGJ部のメンツをそのまま引き継いで違和感かけらもないので脳内変換が非常に楽です。

全3件中 1 - 3件を表示

GEφグッドイーター (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GEφグッドイーター (ガガガ文庫)の作品紹介

キャッチ&イートな4コマファンタジー

いつものダンジョン最下層。
そこで繰り広げられるキャッチ&イートの毎日。

なんの特技も持たない一般人の少年カインは、ひょんなことから、“おいしいものを食べる”ことを目的とする“グッドイーター”に参加することになった。そこで出会ったのは、元勇者と元魔王と元暗殺者という、いわくつきの三人。かたや人類最強の存在。戦闘の天才でありながら“おいしいものが食べたい”という理由であっさりと引退を決め、いまではお腹がすくと駄々をこねる残念美少女になってしまった元勇者。かたや魔界最強の存在。魔王であるが平和と学問を愛する理性的なお姉さん。でもお腹がすくと破壊衝動が目覚めてしまう残念美人の元魔王さま。かたや勇者と魔王を暗殺すべく、付け狙っていた凄腕の暗殺者。でもカインの作るごはんによって餌付けされてしまったアサシンさん。そんな個性的な三人に囲まれて、ダンジョンでやっつけたモンスターのお肉を食べたり、いきつけのお店“腹ぺこ赤竜亭”で満腹になったり、狩り&ごはんライフの毎日をカインは過ごす。

「GJ部」の新木伸&あるやの最新シリーズは、ごはんのおいしい4コマ小説! 今回ももちろん36編収録! みんな満足でお腹いっぱい。

GEφグッドイーター (ガガガ文庫)はこんな本です

GEφグッドイーター (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする