楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)

  • 109人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 齋藤 将嗣  ニトロプラス・東映アニメーション 
  • 小学館 (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515183

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画の前日譚。虚淵玄脚本の劇場版の出来が素晴らしすぎたのがこの作品にとって運が良かったのか悪かったのか。 少なくとも劇場版があったからこその作品であるとともに劇場版を超えられなかった作品でもある。もう少し情緒にあふれる文章にした方が世界観はつかめるのではないでしょうか。

  • 『楽園追放』の主人公アンジェラ・バルザックの新米保安要員時代、先輩メット・マルティネスと共に、ノアノアプロジェクトの完遂を目指す4つのマルウェア、シャルル、ストリックランド、ダーク、ゴギャンと闘う姿を描いた作品。『楽園追放』より描写がこなれていて面白かった。

  • 近未来、地上に残った旧人類と肉体を捨て電脳世界ディーバにデータとなって存在する者達がいた。ディーバに現れた悪性プログラムに対する保安局エージェントのメットとアンジェラだった。映画楽園追放の外伝もしくは前日譚の位置づけです。データ化された人類は、疑似感情を持つものの肉体が宿す真の感情を知らない。死をも超越したデータ化された人類にとっての楽園とは。

  • 独特なリズムがありますが読みやすい部類なのかな?
    ただ一人称に近い三人称は判別つかない部分があるかも。
    そしてやたらエロい感じの表現がきになるかもです。
    あと三人称なのにそうでもないというところもある。
    少し前で説明したのに疑問にする。他に表現できそうなんだけどなぁ。
    そこまで考えると読みにくいかも。。

    と書き方置いておいて、内容はSFですね。
    電脳世界の話。
    アンジェラがまだディーヴァを楽園と思っていた頃。
    個人的にはこっちのほうがサイバーパンクっぽい?気がします。
    ロボットが自我に目覚める。電子化された人間が迷う。
    ただまぁディンゴがいう自由がない縛られた世界はまさにこの話かなぁ。
    メットの生き方は自由さがない。

    自由とは楽園とは、なんだろう。

    ディンゴはメットがいう言葉こそ自由であり、楽園という。
    苦悩があるから人は人でいられる。それがなんだろうか。

    SFは真相に近づいて話す部分が印象的でいいですね。
    どこぞのSFからよくわからないものより全然。あれフラグの意味なかったしね。
    これぞ、フラグの回収と。
    出来すぎた英雄。失われたメモリ。トイフェル。調べられない情報。持ち帰った理由。
    まあ、最後らへんまでくるとこれはもしかして現象。
    アンジェラの性格が歪むのもわからないでもない。

    海辺はアンジェラの思い出深かっ場所だなぁ。

  • 映画の世界観の予習としては良かったけど、妖人のビジュアルがダサくて、ちょっと映像が不安になったり。超科学な世界観もバトル描写も、リアルで使用されている単語を無理に流用しているところが、盛り上がりに欠ける理由なのかな。ところで、デバッ"グ"じゃなくてデバッ"ク"なのか。

全5件中 1 - 5件を表示

楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)の作品紹介

映画『楽園追放』のオリジナル前日譚

ナノハザードにより廃墟と化した地球。人類の多くは地上を捨て、データとなって電脳世界・ディーヴァで暮らすようになっていた。

夢が叶い捜査官となったアンジェラは先輩捜査官であるメットと組まされることとなった。ディーヴァにおいて、通貨ともいえる、メモリ――即ち保有できるデータ量増加のために、人倫を排し、手柄を急ぐメットの理念に反発しつつも、アンジェラはその仕事の姿勢にほれ込んでいく。

それから間もなく、突如ディーヴァに悪性プログラムが襲い掛かる。
デーヴァに住まう人間たち、構造物、あらゆるメモリを食い荒らし、南国の風景に変えていく悪性プログラム。それは自らを《ノア・ノア》と称した。
その捜査を進めるうちに、アンジェラはディーヴァに潜む人口統制組織《トイフェル》の存在を知り――。

はたして、そこは、本当の楽園か……?

虚淵玄(ニトロプラス)×水島精二監督が贈る2014年11月15日劇場上映の映画『楽園追放 -Expelled from Paradise-』の正統なる前日譚。
第7回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作『王子降臨』の手代木正太郎がオリジナルストーリーにてノベライズ!

楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)はこんな本です

楽園追放 mission.0 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする