筺底のエルピス (ガガガ文庫)

  • 86人登録
  • 3.77評価
    • (4)
    • (11)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : toi8 
  • 小学館 (2014年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515275

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

筺底のエルピス (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 6月8日読了。図書館。

  • 円城塔さんの推しがすさまじいので俄然読みたくなり。
    ラノベなのでしょうか、セリフまわしに怯んだりしましたが、そういう型とわきまえました。
    武器が本当によくできています。(宇宙)物理、多次元、よく理解できてない自分でもかなり楽しめ、理解できる方はさらに楽しめると思うのです。ストーリーもキャラクターも、いい。
    これはアニメ化期待します。
    ラノベぽくない作品も読みたいです。お願いします。

  • 殺戮因果連鎖憑依体――古来から「鬼」や「悪魔」と呼ばれる存在だ。地球外生命体からもたらされた「能力」を用いて,殺戮因果連鎖憑依体を祓う機関、「門部(かどべ)」。巫女の力にて鬼を祓う日本の討伐機関。類まれなる才能を持つ若き封伐員・百刈圭は、両親の仇である鬼と戦うため、今宵も闇を駆ける。
    いろいろ詰め込みすぎだしかなり厨二病だし展開がすごく速い。なんたって、鬼と祓伐員との戦いの物語なのだが、一巻からしていきなり第三勢力が現れて三つ巴になる。ああもう、SFだなあ。ラノベだなあ、おもしろいなあ!!
    その勢いやよし、意気やよし。この厨二病は、正直クセになる。

  • 今まで手にしていなかったガガガ文庫ということで星ひとつサービス。中高生にはどのようなものがウケているのか気になっていた。夢枕獏さんのキマイラやサイコダイバー、陰陽師などの世界観が今の時代ではこういった軽めの文体で引き継がれているのかも。しかし武器の仕組みには異星?のテクノロジー。根底にSF的世界観もある。この辺りはイデオンなどに通じるものを感じる。
    余裕があれば続巻も読むかもしれないが、やはり少し軽いかなぁ。

  • 設定のシビアさに円環少女の香りを感じるとの声を耳にして購入。登場人物それぞれの停時フィールドの見せ方が面白い。破壊魔定光の静止モードで頭の中に再現された。

  • すごく硬派な伝奇SF+異能バトルだったはずなのに、いつのまにか妹とイチャイチャしてるはパートナーはやたら強気で迫ってくるわで、ガガガは攻め所を外さない。全て分かっているキャラが安直な印象もしたが、叶と結の友情が良かった。

全6件中 1 - 6件を表示

筺底のエルピス (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

筺底のエルピス (ガガガ文庫)の作品紹介

人類の存亡をかけた影なる戦い。

殺戮因果連鎖憑依体――

古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。
日本の暗部である《門部》は、不可視の存在を網膜に投影する改造眼球『天眼』と、時を止める超常の柩『停時フィールド』を武器とし、そのプログラムを追い立て、狩り、そして葬り続けてきた鬼狩りの組織だ。

時は現代。

百刈圭(ももかり・けい)と、乾叶(いぬい・かなえ)――心に傷を抱えて戦う二人が遭遇したのは、歴史上、たった六体しか確認されていない《白鬼》だった。
叶の親友に憑依したその鬼を巡って組織が揺れる中、黒ずくめの刺客《ゲオルギウス会》が動き始める。それは日本を守護する《門部》と同じように、ヨーロッパで連綿と戦い続けてきたもうひとつの鬼狩りの組織――バチカンの狩人たちだった。

《白鬼》とは何か。二つの組織の衝突はいかなる戦いを引き起こすのか。そして、滅亡を防ぐ希望はあるのか。

人類の存亡をかけて戦う、影なる戦士たちの一大叙事詩が、いま語られる。
気鋭・オキシタケヒコが描く異能バトルアクションシリーズ。イラストは各方面で活躍中のtoi8が担当。

筺底のエルピス (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする