熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : ツカサ
制作 : 夕薙 
  • 小学館 (2015年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515305

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)の作品紹介

〈人神共存〉の理想郷へ――!

人が“神”の存在を認知し、両者の争いが絶えぬ世界。神祖《陽皇》とその護衛者である辰宮湊は、十年ぶりに“旧日本”――七柱特区に帰還する。そこは、〈人神共存〉を目的とし、世に名だたる七柱の神々が設立した極東の理想郷(アヴァロン)。その最後の一柱として、《陽皇》はこの地に降り立ったのだ。
ところが歓迎式典の最中、〈神の撲滅〉を掲げる人間のテロ組織・アポカリプスによる襲撃が起こる。《陽皇》を守る湊は、敵のなかにかつての友、飛田蓮路の姿を見いだす。
神殺しの武装、機神〈デウス〉を持つ蓮路は、湊に刃をつきつける――
「無理なんだよ、共存なんてな。俺はこんな場所を、理想郷だなんて認めねえ」
――両種族の間に再び埋めがたい亀裂を残し、蓮路たちは逃亡。
湊は、神祖《天元》の血族であるミカエル、人類側の自治組織《巫道機関》の調停士・咲良の協力を得つつ捜索を進めるが、そこで特区における“現実”を目の当たりにする……。――人と神、それぞれの策謀うずまく仮初めの理想郷で、龍の血を継ぐ少年の戦いが始まる!!
人気作家ツカサが放つ、壮大なる愛と絆、戦いの物語。

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)はこんな本です

熾界龍皇と極東の七柱特区(アヴァロン) (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする