されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)

  • 64人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 浅井ラボ
制作 : ざいん 
  • 小学館 (2015年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (643ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515350

されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 相変わらずチート級の咒式士が跋扈する中で、ガユスがなんとか策を弄しつつ切り抜けていく。
    化け物同士の対決も好きなのだが、主人公格がしっかり活躍することにも期待しているため、このレベル帯の咒式士や異貌のものどもが更に続々と出てきそうで心配。
    翼将頼みの展開にはして欲しくないなあ。

    主人公たちは果たしてインフレについていけるのか。

全1件中 1 - 1件を表示

浅井ラボの作品一覧

浅井ラボの作品ランキング・新刊情報

されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)の作品紹介

海の迷宮での死闘。最後に立つのは誰か?

悲運のアラヤ王女が知るの秘密を求め、デナーリオからハオル王家の護衛依頼を受けることとなったガユスたち。一団を乗せた船は、裏切り者を抱えたまま海をゆく。外敵による襲撃で限界となり、修理のために南の島で停泊。海遊びだ水着だ、と束の間の休暇を楽しむ。やがて船は、座礁した豪華客船が迷宮となった“船島”に到着。ここでハオル王家と龍皇国による、国土奪還のための会談が開始されることになる……。革命政府の将軍派は、ングウェイ少佐と黒矢部隊に続き、ルフグル大佐と黒槍部隊が参戦。大師派の傭兵となったガングドラムは、命をかけた奥の手を投入。反逆の翼将であるアザルリは、物理反射と防御不可能という無敵の次元咒式を引っさげてを狙ってくる。
裏切りと謀略との謎が吹き荒れる迷宮で、最後に立つのは誰か。




されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)はこんな本です

されど罪人は竜と踊る 16: 永劫を夢見るままに (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする